スポンサーリンク

意外と知らない 春秋の仏教行事 お彼岸って何?いつなの?お墓参りするの?

お花役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

彼岸花

Ichiです。

3月21日ごろの春分の日をはさんで7日間

9月23日ごろの春分の日をはさんで7日間

この期間を私たちは「お彼岸」と呼んでいます。

お彼岸は 自然・ご先祖さまに感謝をお伝えする私たちに馴染み深い仏教行事です。

仏教では極楽浄土に想いを寄せ・善行を積むべき 大切な期間とされています。

一般の方達は お寺の法要に参加したり・お墓参りに行ったり 先祖や故人を偲び供養します。

また四十九日後はじめてのお彼岸は初彼岸といいます。

お盆が先祖の霊がこの世に帰ってくるのに対して お彼岸はこの世から浄土へ近づくために修行をする期間です。

春分の日は「自然を讃え・生物を愛しむ」祝日

秋分の日は「祖先の冥福を願い・亡くなった人達をしのぶ」祝日と言われています。

「暑さ・寒さも彼岸まで」とも言いますよね。

彼岸の中日にあたる春分の日・秋分の日は昼の時間と夜の時間が等しい時間の日とされています。

彼岸(ヒガン)とは川の向こう岸のこと

私たちが今いる場所は此岸(シガン)(こちらの岸)です。

此岸は 悩み・苦しみに満ちた世界

彼岸は 一切の苦しみがない世界

また彼岸は西にあり 彼岸はにあるとされています。

仏教の教えに従って 向こう岸の苦しみのない世界に行くことを(彼岸に至る)と言います。

煩悩と苦しみに溢れた此岸にいるものが六波羅蜜という修行をすることによって

彼岸の世界に到達する事ができると説かれています。

(六波羅蜜についてはこの記事を参照してみてください)

六波羅蜜とは?私たちが普段の暮らしで出来る善行 六つの実践
私たちが普段の暮らしで出来る仏教的心構え 六波羅蜜 一体どんな心構えなのでしょうか?

この期間に皆さんはお墓参りをしますよね。

本来お墓参りの日にちはお彼岸の中日が良いと言われていますが 天候やお参りする人の都合に合わせ 別の日にお参りしても問題はありません。

家族が一緒にお参り出来る日にお参りに行くのが理想的でしょう。

このような風習はインド・中国にはなく 農業が主体であった日本では古来より 昼夜の時間が同じで・真東から太陽がのぼるこの時節に 自然の恵みに対する感謝をささげる風習があり これらと仏教の教えが結びついたと考えられています。

お墓参りをする子供

春分の日・秋分の日は

太陽は真東から昇り・真西に沈む日でもあり

昼と夜の長さが同じになります。

太陽が真西に沈むと 西の方角にある極楽の世界を拝む事ができると言われています。

真西に沈む太陽が極楽浄土への目印になるわけですね。

また仏教にはかたよらない事を良しとする中道という考えがあり。

昼と夜の長さが同じになる春分の日・秋分の日はこの中道の教えを表していると言われています。

お彼岸がなぜ春分の日・秋分の日なのかというのはお釈迦さまの教えに由来しているからなのです。

お彼岸は彼岸と此岸が一番近くなる期間に

私たちから先祖さまに供養していく風習です。

皆さん お彼岸の時には自分の先祖代々の方々を思い出し・偲んでいただき

お墓に手を合わせていただければと思います。

春・秋のお彼岸は お盆と並んで故人や先祖を想う大切な期間です。

一年の中でも気候のよい・過ごしやすい時期でもありますので ぜひご家族・ご親戚の方と共にお墓参りなどに行かれてはいかがでしょうか?

お寺で勤められている 彼岸法要に参加してみるのもいいでしょう。

ご先祖さまはお墓で皆さんが来るのを待っていますよ。お墓参りをして元気な姿を見せに行ってあげてください。

先祖代々から続く人の繋がりを家族全員で感じていただければと思います。

ご先祖さまはいつもあなたの側にいて見守っていてくれていますよ。

なにも不安になることはありません。

あなたは自分が今やるべき事を精一杯頑張りましょう。

自分の人生を精一杯楽しんで生きてください。

合掌