自分が正しいと思っていませんか?それは非常に危険ですよ

マルとバツ役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

天秤

Ichiです。

あなたは自分の考えが正しいと思っていませんか?

他の人に「あなたの考えは間違ってる。何故私の考えのようにならないのか?私の考えが正しいに違いない」と思った事はありませんか?

自分が正しいと信じて疑わない時 人は非常に危険な精神状態に陥っています。

お釈迦さまはこう仰っています。

 

「もしも愚者が自分を愚と考えるならば それはすなわち賢者である」

 

自分の愚かだということををしっかりと理解し 心に留めておかないと本当の人格者にはなれません。

自分の知識が全てだと過信し「自分は偉いしなんでも知っている。私の考えが全て正しいのだ。」と思っていては本当の人格者にはなれません。

どんなに頭がいい人もこの世のすべてのことを知っているわけではありません。

自分にも知らない事がある・他の人よりも劣っているところがある。

このことを常に心に留め 自覚する事で謙虚な気持ちでいる事が非常に大切です。

人は自分が正しいと思うとどんなことも出来てしまいます。

人種差別もテロも戦争も人がこの状態になったことが引き金になっています。

自分が正しいということは自分が正義 相手が悪という心理状態を作り出してしまいます。

これは非常に危険な思考です。相手が悪なら人はどんな残忍なことも出来てしまいます。

戦争・テロなどは本当に悲しい状態です。争っているもの同士 お互いにお互いを正義だと思ってるのです。まさに泥沼です。

こんなことは絶対にしてはいけません 止めなければなりません。

善と悪

ではどうしたらいいのか?どうすれば自分が正しいと思い込まなくなるのか?

私は自己肯定をしっかりとし 自分が今のままで自信を持っていいと認識させることだと考えています。

皆さんの周りにいませんか?

自分のことを大きく見せようとする人・自分の意見を曲げないで押し通す人 何故人がこんな行動をとるかわかりますか?

それは自分に自信がないからです。虚勢を張っていないと自分が弱い存在だと気づかれてしまうのではないかと怯えているのです。

自信がある人には余裕があります。しっかりと相手の立場に立って物事を考えられる思考を持っています。相手のことを尊重し 自分の意見を押し付けたりはしません。

自分に自信があれば 自分は自分・相手は相手としっかり線引きが出来るのです。この状態は非常に精神体にも安定した状態です。ここに争いは生まれません。

皆さんぜひこの状態になれるよう努力しましょう。あなたは素晴らしい存在です。他の方も素晴らしい存在です。それでいいじゃないですか。

みんな違って みんな良いですよ。この世から差別・戦争・テロがなくなりますように。

合掌