忘れる事の大切さ

忘れる男性 役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

思い出す女性

Ichiです。

私達が生きている間ずっと周りをウロウロとつきまとっている 不安。

それは日々の生活の中で唐突に私達を襲い 生きる気力・挑戦する力を奪っていきます。

私達はどう不安と向き合っていけばよいのでしょうか?

 

「心配も不安も忘れてしまえ。考えていても何も変わらない。何の役にも立たないぞ」

 

お釈迦様の言葉です。

不安なことを頭の中で考え続けると 今やるべき事が何も出来なくなり 思考停止になり・無気力な日々を過ごすことになってしまいます。

過去のトラウマ・未来への不安 過去のことをいくら後悔しても今は何も変わらないですし 未来のことを不安に思ってもそれは誰にもわからないので意味はありません。

こんな意味のない・結論の出ない事を考え続けた脳は疲弊し 身近にあるお手軽な快楽 お酒・ギャンブル・S・N・S・ユーチューブなどに依存して人生の時間を無駄に過ごしてしまうです。

皆さんにも身に覚えがある経験ではないでしょうか?

こんな暗く・苦しい日々は過ごしたくはありませんよね?

そのために私達が使うべきスキルが忘れる事。

忘れる事🟰何かその物事から逃げる・目を逸らす・なあなあにする こんなネガティブなイメージを持ってしまいがちですが 忘れる事は生きている中で大切なスキルなのです。

何故なら世の中には自分ではどうにもならない事・考えてもしょうがないことがあるから 自分の力ではどうすることも出来ないことがあるのです。

この事実を忘れ 自分の力で何でも解決できると思い込み 心を疲弊させている方が沢山いらっしゃいます。

自分の力で解決できない事を考えるほど 意味のない時間はありません ただフラストレーションが溜まりイライラが募るだけです。

私達が生きていく中で決めるべきことは やらないこと事・考えない事 を決める事。

限られた時間しかない人生の中でこの事を明確にしておく事は 自分のやるべき事を決める以上に大切なことなのです。

人生が楽しくない・つまらないという人は常に不安と心配の事を考え 頭の中に霧が出ている状態なのです。

過去の記憶・未来への不安 常にこのことばかりを考え 今 という時間を充実したものに出来ない自分に苛立ち・自暴自棄になる。

こんな状態で前向きな行動・思考が生まれるはずはありません。心の整理整頓が必要なのです。

傘から見る景色

皆さん 不安な事・心配な事を考えることをやめてみませんか?

そんなネガティブな事を考える時間があるのなら 今の自分を少しでも良くすることに集中するべきです。不安な事はスッキリ忘れてしまいましょう。

頭だけで考えすぎないように もっと手足を動かしましょう。体が動き続けていれば不安など どこかに消えてしまいます。

今の人たちは頭ばかり使って体が動いていなのです だから心の針がどんどん暗い方に向かってしまうのです。

心をクリアにする事 常に意識して 嫌な事・不安な事・心配なことは忘れてしまいましょう。

心がクリアになれば 顔つきがイキイキとしてよいご縁が舞い込んできますよ。

忘れる事の大切さ 常に意識して楽しい日常を過ごしてくださいね。

私達は幸せになるためにこの世に産まれてきたのですから。

合掌

関連コンテンツ



役立つ仏教知識
シェアする
いちをフォローする
スポンサーサイト様
心の悩みに効く 心が軽くなる 住職の言葉 仏教ブログ