夢の叶えかた その手順

夢見る子供達役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

夢の扉

Ichiです。

皆さんは今 夢を持っていますか?

その夢に向かって日々努力を積み重ねていますか?

 

「人間の成長とは夢を持つ事にある

それを実現するためには何をすべきか考えろ」

 

お釈迦さまの言葉です。

自分が日々成長するためには目標・夢を持つ事が大切です。

人は目印になるゴールのようなものがないとモチベーションがうまく保てないものです。

オリンピックがまさにそうですね。

オリンピックを目指す選手は4年間 一生懸命練習し出場を目指します。

そしてオリンピックが終わると競技を引退するかどうかを考えます。これは次のオリンピックまで自分のモチベーションが保つ事が難しいからです。

私たちは心のどこかで夢というものは叶わないものという諦めの感情を持っています。

夢というものは自分の力の遥か向こうにあって絶対に手の届かない所にあると。

これではいけません。私たちが成長するためには夢が必要なのです。

自分の夢がなくなってしまうと人は自分で考えることをやめてしまいます。人生を諦めた状態になってしまいます。

私たちはどうしたら夢を持ち続ける事が出来るのでしょうか?

 

「夢は妄想であってはいけない

身近なものを優先しなさい」

 

お釈迦さまはこう仰っています。

夢・目標というのは日々の一歩・一歩の歩みを優先する事が重要なのです。

夢を諦めてしまう人の典型的なパターンは 自分の遥か遠くにあるものを目標にしてしまっているのです。

夢を叶える事に 近道・楽な道はありません。夢を叶えた人が皆 口を揃えていう事です。

夢を叶える方法

それは日々の積み重ねを優先する事しかないのです。

成功した人物

大きな夢を持つことは悪いわけではありません。

しかし何の目印もなく進んでいても夢に到達することは出来ないし

遠くばかり見ているので夢に近づいている実感がなく モチベーションが保てず夢を諦めてしまうのです。

私たちは夢に向かって無計画のうちに進むことをしてはいけません。

まずはその夢に到達するにはどんな事を日々積み上げていけばいいのかをしっかりと調べる必要があります。

これがしっかりイメージ出来たのなら 後は自分を信じて日々の積み上げをただ淡々とこなしていくのです。

夢を叶えるというと皆さんドラマティックな展開を期待してしまいますが

実は凄まじく地味な作業の積み重ねなのです。

夢に向かって日々地道な作業を繰り返していてふと気がついたら

その夢が叶っていた・その目標の場所に自分が立っていた。

夢が叶う瞬間とはそんな地味なものだと私は思います。

是非 皆さんこの事を覚えていてください。

日々の積み重ねをしているのに結果が出ず心が折れそうな方もいると思います。辛いですよね。でも頑張りましょう。

あなたの努力は決して無駄ではありません。

自分を信じて遠くを見ず 日々の積み重ねに集中しましょう。

私も頑張ります。共に夢を叶えましょう。

合掌