暴力で得られる幸せなどない

苦しそうな女の子 役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

傷ついた心

Ichiです。

私達の身の回りには 沢山の暴力が存在します。

誹謗中傷・いじめ・揚げ足取り 皆 人に暴力を振るい・マウントをとり 気持ち良くなることに夢中です。

なんと寂しい世の中になったものです。

皆 自分の幸せを追求することをやめ 人に暴力を振るい苦しむ様を見ていた方が幸せだという。

これが私達の生きている意味なのでしょうか?

これが私達が求めるべき幸せなのでしょうか?

 

「暴力によって人を傷つけ 自分の喜びを求めるものは

死ぬまでずっと幸せにはならないだろう」

 

お釈迦さまの言葉です。

暴力とは自分だけが幸せになればいいという 身勝手な欲望が生み出したものです。

本当の幸せは自分自身と向き合い 自分の中にある苦しみ・悩みを自分の力で解決していく事で得られるもの 人を傷つけて得られるものではないのです。

しかし 今の世はどうでしょう?

人を騙したり からかうような内容のテレビ番組・人の悪口ばかりを言うYouTuber・人の不祥事をまるで正義の味方にでもなった気分で叩く人達。

こんなものばかりが目に付く世界になってしまいました。

こんな状態で人が幸せになるはずがありません その苛立ちをまた他の人への暴力を使い 見て見ぬふりをしようとしているのです。

気づけば人生を幸せに生きている人は 自分の人生に不満を感じている人との関係を完全に断つようになり 幸せな人達とだけコミュニティを作るようになりました。

これにより暴力を使う人・使わない人との棲み分けがしっかりと出来てしまい 暴力を使う人達は暴力を使う人達に囲まれて生きていくようになったのです。

これを知ると今の世がどんどん生きづらくなっている理由がわかりますよね。

私達の多くは暴力を使う人と時を過ごしてしまっているのです。

自分だけが幸せになればいいという身勝手な人ばかりの環境で生きている。

こんな人々のせいで いじめ・誹謗中傷・戦争・テロ・差別 がなくならなのです。

もうこんな苦しい世界から抜け出しませんか?

傷ついたウサギ

そんなに難しい事ではありません。

自分だけ幸せになることばかり考えるのではなく 全ての人が一緒に幸せになることを考えれば良いのです。

そのためには自分の心に余裕を持たなければなりません 自分の心に余裕がなければ他の人の幸せを願うことなど出来ませんからね。

心の余裕は自分のことを好きになる事・自信を持つ事でしか得られることはできません。

それは自分を日々磨き続ける事・やるべきことを継続し続ける事で徐々についていくことでしょう。

これこそ 今の世に必要なもの 暴力とは真逆のもの。

だから今の世の大部分の人が幸せだと実感できないのです 本当の幸せとは真逆なものを幸せになるものだと信じ込んでいるからです。

皆さん 暴力で他の人を傷つける事を いますぐやめましょう。

それはあなたを幸せから一番遠い所に連れて行くものですよ。

自分をそんな所に連れて行きたいのですか?

周りと自分を比べて焦らないでください 焦れば・焦るほど人の心は荒れ 暴力で得られる快楽にすがろうとします。

暴力で溢れている世の中の情報を遮断する勇気を持ちましょう 自分の心を健全な状態に保つのです。

自分自身と向き合い その奥底にあるものこそが本当の幸せなのです。

この世から暴力がなくなることを願っています。

私はあなたの幸せを願っていますよ。

合掌

 

 

関連コンテンツ



役立つ仏教知識
シェアする
いちをフォローする
スポンサーサイト様
心の悩みに効く 心が軽くなる 住職の言葉 仏教ブログ