スポンサーリンク

独りで生きる強さを持つこと。あなたは持っていますか?

ダルマ役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

孤独

Ichiです。

 

「旅に出て もし自分より優れた人・自分と同じぐらいの人に出会えなかったら

キッパリと一人で行こう。愚かな人を道連れにしてはいけない。」

 

お釈迦さまの言葉です。

人生を生きていて本当によく思うことがあります。

それは自分の周りの環境を常に良い状態にしておくことが非常に重要なことだということです。

環境を良くするとはどういうことでしょうか?

自分と共に人生を歩む人を妥協をせず 自分でしっかりと選ぶということです。

私たちはどうしても孤独を嫌う所があります。

本当は付き合うべきでない人とも自分が独りだと寂しいからなんとなく付き合ってしまったりしています。

寂しさを満たすために付き合っているだけなので 心はやっぱり満たされません。

むしろ苦しくなったりするのです。

それはそうですよね。

自分はその相手の人のことを心から尊敬しているわけでもないし

信頼しているわけでもないのですから 一緒にいて心地良いはずがありません。

相手の人が悪口・愚痴などを言う人だったらあなたはその人に合わせてネガティヴな言葉を使ったりするでしょう。

するとどうなると思いますか?

そのネガティヴの言葉を自分が発したのを自分の耳が聞くのです。

自分の脳はこう認識します。「あっ私はこんな言葉を使う人間なんだ」と。

すると自分をどんどんネガティブな思考に変えていきます。

その思考でいることに心地よさを求め ネガティブ思考のコミュニティを探し そこに入ろうとします。

自分の発する言葉を軽くみてはいけませんよ。その言葉に一番影響を受けるのは自分自身なのですから。

私たちは孤独に生きる強さを持つべきだと思います。

そして自分と同じ熱量・もしくはそれ以上の方たちと付き合っていくべきなのです。ここを妥協してはいけません。

alone

熱量の高い人たちは人の悪口や愚痴を言いません。

それがいかに自分にとって悪影響なことなのかを知っているからです。

熱量の高い人はあえてポジティブな言葉を使います。

「なんかいつもポジティブな言葉を使って大袈裟だな」と思うかもしれませんが

あれは自分自身に言い聞かせているのです。

熱量の高い人と一緒にいると自分も影響を受けます。

無意識にポジティブな言葉を使い始め 心も体も充実感で満たされます。

これこそ理想の人生の歩み方です。

もし近くにそう言う方がいないなら独りで生きていた方が心はいい状態を保てます。

妥協だけはしないようにしましょう。

今はS・N・Sによって熱量の高い人たちと離れていても繋がれるようになりました。その思考に触れる事ができるようになりました。

皆さん孤独を怖がらないでください。

皆さんが熱量の高い人たちと繋がって充実した日々を過ごせることを願っています。

合掌