本気で生きる大切さ

冒険する人 役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

飛躍する人

Ichiです。

皆さんは自分の向き合うべき課題に全力で取り組んでいる人をみた時 どんな印象を受けますか?

「暑苦しいなー」「なに本気になってるの?」「何目指してるの?」

「どうせやっても無駄じゃない?」「本気になると疲れない?やめた方がいいよ」

前向きな発信をしている方のコメント欄には こんな寂しい書き込みをしている方が一定数必ずいますよね。

確かに今の世の中には 本気で生きる🟰ダサい こんな空気が蔓延しています。

本気で生きることは本当にダサい生き方なのでしょうか?

本気で何かに取り組んでいる人を茶化して・馬鹿にして 笑って生きる方が かっこいい生き方なのでしょうか?

お釈迦さまはこう仰っています。

 

「人はどんな事でも 心から本気で取り組めば

 言い訳などは出てこない。こんな生き方が素晴らしい」

 

自分には 才能がない・時間がない・お金がない・運がない・人脈がない こんな言い訳をずっと言い続けて 何年も何年も今いる場所から動かず。

他の人に対しては

「あいつは大した人間じゃない」「あいつは何をしても上手くはいかないだろう」

「あいつは何をしても無駄」「あいつは使えない」

こんな暴言をぶつけ 自分と同じように他の人の人生の動きを止めてやろうとする。

今の世はこんな人ばかりになったと思いませんか?

現代の人は やる気がある人・やる気がない人の落差が昔より露骨についているように感じます。

こうなると何が起きると思いますか?

やる気がある人は 言い訳をせず日々自分と向き合って生きています。自分の努力が人生を切り開いていくものだと信じて。

こんな人たちが一番嫌うもの それはやる気のない人からの影響です。

やる気のある人は やる気のない人達から出る ネガティブなエネルギーに影響されないよう接する機会をなくそうとします。

これによって やる気がある人・やる気がない人はさも別の世界で生きているようになっていくのです。

人生を本気で生きている人は 本気で生きていない人に見切りをつけ 自分と同じ熱量を持つ人とコミュニティを作り快適に生きる。

本気で生きていない人は そのコミュニティで生きている人達が妬ましいので どうにか自分の方に引きずり込めいないかと 本気で生きている人の粗を探し・誹謗中傷してやろうと躍起になっている。

この二極化がいまの世の中の諦めムードを形作っているもの。

こんな生き方を見て いまの若い世代は夢も希望も持てなくなってしまったのです。

ベスト

私たちが幸せになる方法。

それは自分の人生に向き合い 自分のやるべき使命に本気で取り組むことだけ。

言い訳など 自分の人生から目を背けた状態にしか出てこないものなのです。

もう他の人が 何をしたとか 何を言ったとか 何を持っているとか そんなことをチラチラ見ながら生きるのをやめませんか?

そんな事をすればするほど あなたは自分自身の可能性を自分自身で狭めてしまっているのです。

自分自身の周りの環境を自分自身の手で悪いものにしてしまっているのです。

そんな自分自身で作った環境に嘆き 他の人のせいにしようと日々言い訳をして生きている。

こんな寂しい生き方をしている人が皆さんの周りに沢山いませんか?

人生を本気で生きましょう。

適当に生きていても 人生は何も前に進みません。

周りの人に自分の歩幅を無理に合わせる必要はありませんよ。むしろ先に行くぐらいの 強い気持ちを持ち続けましょう。

私たちの本気を周りの人に見せ 世の中に本気で生きる人をもっと増やしていきましょう。

皆さんの本気 期待しています。

合掌

関連コンテンツ



役立つ仏教知識
シェアする
いちをフォローする
スポンサーサイト様
心の悩みに効く 心が軽くなる 住職の言葉 仏教ブログ