スポンサーリンク

今 ここにあなたはいます。過去・未来ではありません!

道標役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

タイムトンネル

Ichiです。

皆さん 過去・未来のことを考えたりしますか?

過去の記憶に囚われたり 未来ことを考えて不安になったりしますか?

今さら変えられない過去 どうなるかわからない未来のことを考え続けるのは意味のないことですよね。

しかし私たちは過去の経験に苦しめられたり 未来のことを考えてしまい 一歩を踏み出せなかったりします。

お釈迦さまはこう仰っています

 

「過去を追ってはいけない 未来を待ってはならない」

 

過去や未来に縛られてはならない 今としっかり向き合う事が大切だと教えてくれています。

今と向き合うとはどういう事でしょうか?

それは今自分が出来ること・やるべきことにしっかりと向き合うことです。

何の努力もしないで自分が成長する事はありません。

たまたま運が良く 一時的に成長したような気持ちになる時は確かにありますが それは長くは続きません。

なぜならそれはただのまぐれだからです。

日々の地味な積み重ねだけが本当の意味でのいい未来に繋がるのです。

ただ将来の成功ばかりに目を向けると モチベーションが下がってしまいます。

「成功する自分を強くイメージしよう そうすればなりたい自分になれます。」

と聞きますがイメージするだけでなりたい自分になれるなら 皆さんもうなりたい自分になれていますよね?

それだけではなりたい自分にはなれません。

一番大切な事は未来の成功に向かっていく道筋をイメージする事です。

その未来の成功に向かうためには今の自分は何の努力をすべきなのか。

どのような行動に時間を投資すべきかをしっかりと見極めるのです。

過去の経験からも道筋を作る事が出来ます。

過去に起きたことを反省し・分析して今の自分に活かせばいいのです。

自分の過去は全て自分の学びの糧として使う事が出来るのです。

辛かった・苦しかったと思い出すだけでは過去に縛られてしまいます。

過去を学びの対象として捉え 自分にプラスのものにしてしまいましょう。

つまり自分の立ち位置を常に「今」に設定しておく事が何より大切なのです。

未来の自分に立ち位置を設定すると 今の自分との違いに嫌になりモチベーションが保てません。

過去の自分に立ち位置を設定してしまうと 過去の経験に囚われ新しい一歩が踏み出せなくなってしまいます。

皆さん 過去から学び・未来の自分になるために 今 自分が何をすべきか向き合いましょう。

そうすれば今の努力が辛く・しんどい状況でも未来に繋がるものと考えられるので頑張れるはずです。

そうすればあなたにいい未来がやってきますよ。

一緒にいい未来に向けて努力しましょう。

合掌