スポンサーリンク

自分の意思を持つことの大切さ

希望の手役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

未来を目指す 三人

Ichiです。

皆さんは日々自分の意思で動いていますか?

ただ過ぎていく日常になってしまい 思考停止におちいってしまってはいませんか?

何も考えず 日々を過ごすと時間はあっという間に過ぎていきます。

学生の頃より 社会人になった後の方が時間の進み方が早く感じるのはその為です。

一度自分がやるべき仕事を覚えれば その先はその仕事をし続ければ良いわけですからね。

朝起きて・仕事に行き・帰って寝る。

週末は昼ぐらいまで寝て だらだら過ごす。

自分のやるべきことはこなせてはいますが 充実感が足りない生活ですよね?

私たちは自分の生活パターンが決められた状態で どう充実感を得れば良いのでしょうか?

 

「私たちは人生のどんなことでも

自分の意思で取り組むことが大切である

そうしなければ充実感を得ることはできない」

 

お釈迦さまの言葉です。

人の時間は限られたものであり 何よりも大切なものです。

この時間を自分の意思を持たずただ浪費していては人生が向上することはないし 充実感を得ることもできません。

私たちは常に自分の頭で考え・行動しなければなりません。

自分の意思はそこからしか生まれないのですから。

しかし現在 自分の意思で考えることができない・行動できない方が多いように思います。

何故でしょうか?

それは頭の中に余裕がないからです。

頭の中が情報でいっぱいになってしまっているから 何も考えることが出来なくなってしまっているのです。

私たちは外の世界と常に繋がりすぎているのです。

最近 自転車に乗りながらスマートフォンを見ている方を見かけました。

もう完全な情報中毒・外の世界と繋がっていたい症候群です。

これでは自分の意思で行動することなどできません。心の余裕など全くありませんからね。

手を上げる 人たち

私たちは外の世界と自分を遮断する時間が必要なのです。

自分の心を完全に解放してあげる時間が必要なのです

その方法として 最近注目を集めているのがサウナです。

ストレスがかかりやすい 芸能人の方々が習慣として取り入れる理由も頷けます。

サウナという現実世界から遮断された場所で 汗をかき 無心になる。

それにより自分自身をリセットし 心の中に余裕を取り戻しているのです。

皆さんぜひ 心の余裕を意識して生活してみてください。

外の世界から自分を切り離す時間を作ってみてください。

そうすれば自分の心に余裕ができ 自分の意思で自分のやるべきことに取り組むことができるようになりますよ。

サウナで自分の心がリセットされた状態を 整う と言います。

皆さんも自分の心を常に整え 自分の意思を持って充実した日々を過ごしてくださいね。

合掌