人生の課題とは?自分の課題から逃げては幸せにはなれない

白紙のノート役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

旅する人

Ichiです。

皆さんは人生の課題ってなんだと思いますか?

社会的地位を上げること?

お金をたくさん稼ぐこと?

人の役に立つこと?

人によって様々な課題があると思います。

私たちは日々自分に課題を与え それをこなして生きています。

その課題が本当に自分にとってプラスになるのか不安になったり。

人と比べてしまったりしていますよね?人生の課題とはいったい何なのでしょうか?

 

「全てのものも人も不完全である

それをいかに完全なものに近づけるかが

人生の課題である。」

 

お釈迦様の言葉です。

私たちは人と比べて課題を作ってしまいがちです。

しかし そこには満足感は生まれません。それは何故か?

何故なら人と比べる事に終わりがないからです。

今 目標にしている人を負かしたとしても すぐにまた違う誰かがあなたの前に現れます。

あなたはその度に自分より上の人がいると嘆き・自分の不甲斐なさを嘆きます。

あなたはどんどん自分を雑に扱い・嫌いになっていきます。

こんな課題を自分に課してはいけませんよ。

お釈迦様が仰るように 私たちが人生の課題にするべきことは

どうやって昨日の自分より今日の自分を高める事が出来るのか?

これだけなのです。

悩む女性

私たちは日々このことだけを意識して生きていくべきなのです。他の人がどうなっても自分の課題には何の影響もありませんよ。

昨日の自分より少しでも自分が成長出来るよう 自分で計画を考え努力を積み上げていくのです。

このようにして 日々自分の挑戦をしていると その努力に対して

「何 頑張っちゃってるの?」とか「どうせ意味がない」と言ってくる人がいるかもしれません。

どうか 心を乱されないでください。

その人たちはもう自分の人生の課題を放棄してしまったのです。

あなたがまだ人生を諦めていない事にイライラしているのです。

それが眩しくて仕方がないのです。目障りでしょうがないのです。

「早く自分と同じところに来い」と手招きしているのです。

「あなたの為を思って」とか「これはアドバイスだよ」と言ってくるかもしれませんが心の中はこんな煩悩が渦巻いています。耳を貸すことはありませんよ。

私たちは他の人のことをどうこう言っている暇などないのです。

人生において 一番厄介な相手 自分と対峙し続ける事に時間を使うべきなのです。

皆さん どうか自分に優しくしてあげてください。人の心は丈夫には出来ていません。少しのことで自信を失い・迷ってしまいます。

昨日の自分より少しでも頑張れたのなら「よく頑張ったね。すごいね」と自分を褒めてあげてください。

もし 自分の人生の課題が分からなくなってしまったら ぜひこの記事をまた読みに来てください。

一緒に人生の課題に向き合っていきましょう。自分自身を高めていきましょう。

大丈夫 あなたなら出来ますよ。

合掌