完璧を目指さないで 日々の積み重ねを大切に

積み上げた石役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

生活の向上

Ichiです。

自分と他の人を比べ その能力の違いに悩んだり。

自分の取り組んでいることが思ったように結果が出せないで自分の自信を失ってしまうこと誰にでもありますよね?

日本人は完璧主義の人が多いと言います。

目標が自分の目指すところまで達する事が出来なかったら自分には価値がない 他の人よりも劣っているんだと考えてしまう傾向があります。

非常に生きづらい考え方ですよね。常に最高の結果を自分に求めているのです。

自分にいつも限界を求めているのです。これでは自分自身休まる暇もありません。

 

「人間 何事も完璧でなくてもいいんだ 一歩でも向上のうちだよ」

 

お釈迦さまの言葉です。

何故 私たちはこう考えられないのでしょう?

何故 自分の少しの向上を認めてあげれないのでしょう?

答えは簡単です。

自分と他の人を比べているからです。

だからいつまで経っても自分を評価する事が出来ないのです。

完璧主義の方が悩んでしまう問題といえば育児です。育児は完璧主義の方にはとても辛いものです。

何故なら比べる対象が

自分と相手の他に自分のお子さんと相手のお子さんも加わるからです。

自分の子供が相手の子供よりも何か出来ない事があると自分の子供を責め

自分は相手よりも育児が上手ではないと自分を責めます。

これは辛い生き方です。どんどん自分の自信が失われ 追い込まれてしまいます。

こうならないように自分を褒めてあげる習慣をつけましょう。

日々の積み上げ

他の人と自分を比べると言う事は本当に難しい事ですよね。

比べることによって自分のモチベーションにできる方もいらっしゃいます。もっと頑張ろうと思える方もいます。

他の人と自分を比べて頑張れる人・頑張れず自分を責めてしまう人 違いはいったいなんなのでしょうか?

私は自分の日々の積み上げが出来ていて

その自分の積み上げをしっかりと評価できている方ではないかと考えています。

この事が出来ている人は他の人のことを学びの対象として見る事が出来ます。

しかし自分の積み上げを自分で評価出来ていない方は他の人を妬みの対象として見てしまいます。

つまり完璧主義というのは自分が満たされない状態のまま生きていくことなのです。

それはそうですよね。

自分の積み上げを評価出来ないという事は自分の心が満たされる事はありません。ずっと完璧にはなれないのです。

完璧主義とはこんなに虚しいものなのです。皆さんこんな風に生きていきたいですか?

皆さん 是非日々の自分の積み上げを認めてあげてください。

認める積み上げが見つからないと思うなら 自分で見つけましょう。自分で考え 見つけなければ意味がありません。

何故なら人は自分で考え・実践しているものにしか満足感が得られないからです。

完璧を目指さず 日々の積み上げを地道に続けていきましょう。

合掌