人生で成功する方法 成功者の法則とは?

成功に近づく人役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

風景

Ichiです。

皆さん 人生で成功する方法をご存知でしょうか?

もう様々な方が同じ内容のことを語られているので皆さんご存知かもしれません。

お釈迦さまも成功者の法則について語られていますが 現在の成功者の方の話す内容と同じなのです。

つまり人が成功する方法はズーーっと変わっていないのです。

その方法は非常にシンプルです。誰でも一度は聞いた事があるような内容です。

 

「他の人を立てよ そうそれば自分が立つ これこそ成功者の法則だ」

 

「えっ!それだけかよ」って思いましたよね?

しかしお釈迦さまの時代から語られ続けているという事はこれこそが成功者の法則なのでしょう。

こんな事は小学生でも知っていそうな内容です。

しかし皆さんの周りに成功者と呼ばれるような方はゴロゴロ存在していますか?

恐らくですがほぼいないはずです。

私たちは成功者の法則に気付いているのにそれを実践できていないのです。それほど人を立てるというのは困難な事なのです。

確かに人を立て続けるというのは疲れますよね。

自分の気持ちを抑えたり・自分の時間を相手に割かなければなりません。これは非常に大変な作業です。

少しでも相手からの感謝の気持ちが見えないとすぐにやめてしまいたくなります。見返りがないと続ける事が難しい事のように感じてしまいます。

しかしこれでは成功者に近づく事は出来ません。

握手

私たちは自分を最優先にする事・自分を立て続ける事が成功への最短の道だと思い込んでいます。

事実 成功者と呼ばれている人はカリスマ性があり 自信に満ちあふれ 自分を一番に思っているように見えます。しかしそうではないのです。

彼らが自信に満ちあふれているように見えるのは自己肯定感が強いからです。

決して他の人と比較して得た自信ではないのです。

ここがすごく大切です。

彼らは人を立てる事が凄く上手です。

それが成功の近道だと自分の経験から学んでいるし それしか人の上に立てる方法がないことを知っているからです。

何故かわかりますか?

人を立て続けて自分を成長させていかないと いずれ怨みを買い 自分を引きずり下ろそうとしてくる者が出てきてしまうからです。

私たちはこの法則を実践できていないから成功者になれないのです。お互いに足を引っ張り合いながら日々を生きているのです。

たまたま運が良く成功してしまった方がすぐにいなくなってしまうのはこれが原因です。

成功者と言われている人は私たちよりむしろ謙虚に日々を過ごしているのです。

私たちはもっと謙虚に生きるべきなのです。

他の人を常に立て続けることに損得勘定を入れず 自分の成長のためのものとして心から取り組むのです。

するとそこから自己肯定感を得る事が出来ます。

この自己肯定感こそ成功者には必須なものなのではないかと思います。

成功者になる事だけが人生の目標ではありませんが 人を立て謙虚に生きていく姿勢は見習うべきであると私は考えます。

合掌