喧嘩はなぜ起きるの?その原因はなに?

鳥の喧嘩役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

猫の喧嘩

Ichiです。

皆さんは喧嘩は何故おきるのか?その原因について考えたことはありますか?

自分と相手の考えが違っていたから

自分の機嫌が悪かったから

相手の行動が自分をイラつかせたから

考えられる原因はこんなところでしょうか。私たちはその場の感情爆発に流され相手・自分自身を傷つけてしまう喧嘩をしてしまうことがあります。

一度 深呼吸して考えてみましょう。私たちはなぜ喧嘩をしてしまうかを。

 

「損得を言うと 人は喧嘩をし始める

少し欲から 身を離してみなさい」

 

お釈迦様の言葉です。

私たちは喧嘩の原因を間違って捉えているのです。

皆さんは喧嘩の原因を 正解・不正解 で捉えてはいませんでしたか?

私の意見・考えが正しい あいつの言っていることは間違っている。

私が正義なんだ!悪のあいつを懲らしめて 改心させなければ!

こう思ってはいませんでしたか?

しかし 本当の原因はそんな高尚なものではありません。

自分の欲を満たしたいという低俗なものなのです。

喧嘩が始まるのは自分が損をしてしまうと感じた時・自分の欲が人に理解されなかった時です。

自分の意見を相手に認めて欲しい

自分が疲れているから 誰かに八つ当たりしたい

自分の考えていることと違う行動をする 相手が理解出来ない

このような原因で喧嘩は生まれるのです。

そこに胸を張れるようなことは何もないのです。

相手の為に喧嘩をするということはありません。

そこには自己満足を満たそうとする欲しかありません。

犬の喧嘩

小さなお子さんたちが喧嘩をしている所を見るとそれがわかりますよね。

あれは自分の欲を素直に出し合う者同士のぶつかり合いです。

大人同士の喧嘩も本質は何も変わりません。喧嘩は何も良いことを生み出しません ではどうしたら喧嘩をしないで心穏やかに生きることが出来るのでしょうか?

お釈迦さも仰っています。欲から身を離すことを意識して生活することです。

自分の感情まで揺れて相手に伝えることは全て自分の欲から生じていることを理解しましょう。自分の損得勘定が絡んでしまっているから心が揺れて冷静さを失ってしまうのです。

自分と相手は違う生き物なのです。自分の意見・気持ちを完全に理解してくれる人など存在しませんよ。そこに損得を考えてしまうとどんどん生きづらくなってしまうだけです。

皆さん 自分を尊重し・相手も尊重しましょう。もし相手の意見・考えが合わないなと思ったらその人と距離を置きましょう。

自分のことを相手が否定する権利もないし 相手の自分が否定する権利もないのです。

「この人とは合わないな」と考え心を穏やかに保ちましょう。

こう考えれば喧嘩は起こらないと思います。いい大人ですから。小さな子供たちがするようなことはやめましょうね。

合掌