結果を出すことを焦らないで!善業を積み上げよう!

グラフ役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

色々な結果

Ichiです。

このブログ記事で

「善いことをすれば 善い結果を招きます」

と何度も書きました。

しかし こう思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「私は善い事を日々続けているに善い結果が出ない

むしろ悪い事が起きたりする。言っている事は嘘じゃないのか?」

そう言いたい気持ちよくわかります。疑ってしまいますね。

 

「善い行為をしても それが熟さないうちは善人も悪い事に遭う」

 

お釈迦さまの言葉です。

善い行いをすれば 善い結果が出ます。それは確かな事です。

しかし その結果が自分にもたらされるのには時間がかかる事がほとんどです。それまでに自分に悪い事が襲ってきたりもします。

私たちはつい目先の結果に目がいってしまいがちです。

「善い事をしたらすぐに善い結果が帰ってきて欲しい」と思ってしまい。

少し待って結果が返ってこないと

「ああ 自分のした善い事なんて無駄だったんだ。もうしないでおこう」

と思ってしまいます。これではいけません。

人生が自分の思うようにならない・何も善い事が起きないと嘆いている方はこの考えにおちいっている事が非常に多いです。

人生とは数日先を見越して善い事を積み上げるのではありません。

十年先を見越して善行を積み上げるのです。

これを意識している方が少ないように感じます。数日先を見越して生きているからすぐに結果を求めてしまいますし 善行を積み重ねる事が出来ないのです。

積み上げ

そもそもその善行は本当に自分にとって善行なのか考えた事がありますか?

数日単位で物事を考えてしまうと実はほとんどの事が善行になってしまいます。

一日中寝ている 自分の体を休める善行

一日何もしない 自分の心を休める善行

一日中自分のやりたい放題やる 自分に優しくする善行

自分を怠けさせてしまう事が善行になってしまいます。これはもう善行ではありません悪行ですよね?

確かに十年先を目標にしてしまうと日々の善行がちっぽけな事に感じてしまいます。なかなか結果も出ないし充実感も得る事が出来ません。

だからと言って自分にとって善い行いが無駄になる事は決してありません。

私たちは目先の結果に惑わせれず 善い行いを積み上げていく事が何より大切なのです。

十年先の自分にとってこれは善行なのか?悪行なのか?常に問い続けてください。

そうすれば今結果が出ず報われないと思っている善行も続ける事が出来ます。

そう考える事で私たちは日々の地道な善行を心を乱す事なくこなせるようになるのです。

善行を積み上げていけばあなたの十年後は素晴らしいものになりますよ。

一緒に十年後を見越した善行の積み上げしてみませんか?

合掌