今日この時 なすべき事をする

時計役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

過去と未来

Ichiです。

私たちのすぐ近くに 死 は確実に存在しています。

それを意識せず。自分がやりたい事・やるべき課題を前にして

「いつかやればいい」

「まだその時ではない」

「まだまだ人生は長い 保留にしておこう」

こう考え私たちは自分の死がいつまでも訪れないと信じ 日々の時間を大切に扱わず過ごしています。

確かに自分の死について考えることは とても怖いし・寂しいしいものです。

出来ればこのままの状態でいたい 死にたくはない。こう考えてしまうものですよね。

お釈迦様はこう仰っています。

 

「今日この瞬間・この時に自分ができる事・なすべき事に集中しなさい。

明日自分が生きているかどうか知ることが出来る人はいない。

死という存在に「どうか自分を生かしてくれと」取引出来るものなど誰一人いないのだから」

 

現実はとても残酷で 死は必ず私たちに訪れます。

今まで死を免れた人は誰一人としていない。

この世に生を受けた瞬間から 私たちは死に向かって歩み始めているのです。

人生後戻りすることは出来ません。立ち止まることも許されません。

時の流れという見えない力にずっと背中を押し続けられているのです。

私たちはこの真実に向き合うことが怖くて 目を背けて生きています。

死と言うゴールが先にあることを否定し 自分に言い訳したり・他の人のことを否定したり・非難したりして人生の本質をあやふやにし心から笑えることができない日々を送っているのです。

こんなことをしていて 私たちはいつ幸せになるのでしょうか?

命の最後が訪れた時 人がもっとも後悔することは

「もっと自分のやりたいことをやるべきだった」だと言います。

皆さんは今の人生に満足していますか?

今 死の瞬間が来たとしても 悔いのない人生だったと言えますか?

死はまだまだ自分には訪れないと楽な方・楽な方に流され 無駄に自分の時間を使っていませんか?

生きているという事は なんの保証もないのです。明日のことなど誰にも分からないのです。

今日の朝 目を覚さない人がこの世界には何千人もいます。

これがこの世界の真実なのです。

砂時計

私たちは今この瞬間の積み重ねで生きている。

今を大切にしなければ・今自分がやるべきことをやらなければ 自分の人生に満足できる日は一生やってくることはありません。

皆さん 今日 今 この瞬間に自分が出来るベストな選択をし続けましょう。

人生とは 今 の積み重ねで出来ています。今が幸せでなければ 人生は幸せにならないのです。

明日自分が生きている保証など どこにもありません。

他の人の目・他に人の評価などに振り回されている暇などないのです。

人の人生を非難したり 口を出したりする時間も無駄な時間ですよ。

自分自身に向き合い 自分自身のやりたい事・やるべき事を日々 淡々とやり続ける。

自分の命が尽きる時 「自分のやりたい事をやった素晴らしい人生だった」と思える日々を過ごしていきましょう。

難しいことはありません。今 この瞬間を大切にして生きるだけです。

合掌

関連コンテンツ



役立つ仏教知識
シェアする
いちをフォローする
スポンサーサイト様
お寺の住職が語りかける 仏教 お説教ブログ