ベラベラと余計なことを喋る人の正体

呟く 女性役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

陰口言う 人達

Ichiです。

あなたの周りにいませんか?無駄な事・余計な事をベラベラ喋る人。

「あーいます います。ほんとめんどくさいですよねー。」

皆さんの心の声が聞こえてきましたよ。

生きていれば必ず出会ってしまうこのタイプの人たち その正体について考えてみたことありますか?

しっかりとその正体がわかれば これからこのタイプの人に出会ってもイライラしないようになるかもしれません。

お釈迦様の生きていた時代にも 余計なこと・無駄なことを言う人は存在していました。

人というものはずっと進化していのかもしれません。今と昔 何も変わっていないのです。

お釈迦様はこのタイプの人の正体を

 

「心が満ち足りていないものは音を立てる 心が穏やかなものは静かである。

心が満たされていないものは 水が半分しか入っていない瓶のようなもの

心が満たされたものは水をたたえた湖のようである。」

 

と仰いました。

水が半分しか入っていない瓶に石を落としたらどうなるでしょう?

ボチャンと大きな音が鳴り 水面には大きな波紋ができます。

では 湖の水面ではどうでしょうか?

石が水面に入った音はとても小さく その後に広がる波紋も小さくすぐに消えてしまいます。

人の心も同じで 心が満たされていない方の心は乱れやすく 余計な事・無駄な事を大きな声でダラダラと話し続けます。

反対に心が満たされている方はいつも穏やかで 静かにゆっくりと内容のある話をします。

つまり心が満ち足りていない人は 沢山の無駄な知識を他の人に話そうとするのです。

自分の心がいつも満ち足りていないから自分に自信が持てず 誰かに見下されてしまわないか心配で仕方がない。

その対処法として多くの情報を相手に話し 「自分はこんなに沢山の知識を持っているんだ」「私はこんな裏話も知っているんだ」とマウントを取ろうとしてくるのです。

そんなことを聞かされる方はたまったものではありません。

どうでもいい知識の話・聞きたくもない人間関係の裏事情・誰かの不幸話

そんな聞きたくもない話をする人の周りに人が集まってくるでしょうか?

不穏な家族

皆さん 気をつけましょう。

人は沢山の知識があれば幸せになるわけではありません。

無駄な知識は自分の心を揺らすだけの無駄なものなのです。

それを自慢げに他の人に話すことはただの迷惑 誰もあなたのことを「凄い!」とは思っていませんよ。

くだらない自分自身の存在を主張するだけの話をダラダラとするのではなく 私たちは自分の心が満たされるような日々の積み上げをしていきましょう。

自分を主張したくてしょうがない人とは距離を置いて 自分の心を満たすことに自分の貴重な時間を使いましょう。

自分の心が満たされれば 人生を穏やかに生きることができますよ。

皆さんに湖の水面のような心の安らぎが訪れますように。

合掌

関連コンテンツ



役立つ仏教知識
シェアする
いちをフォローする
スポンサーサイト様
お寺の住職が語りかける 仏教 お説教ブログ