憎しみに満ちた世の中でも これから私たちがやるべき事

フクロウ役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

苦しみ・悩む人

Ichiです。

この世の中には憎しみ・怒り・嫉妬などの負の感情が溢れ 渦巻いています。

私たちは常にそれが近くにあることを肌で感じていて その影響でいつも少し苛立った状態でいます。

世の中は常にピリピリしています。

いつも叩ける人間はいないかと探しています。人の間違いを探しています。

自分の正義を振りかざせる場所を探しています。

なんて生きづらい世の中でしょうか。

これでは誰も心穏やかに過ごすことが出来ません。

お釈迦さまは

 

「憎しみの中でも怒ることなく 多いに楽しく生きていく」

 

と仰っています。

私たちはこんな世の中だからこそ心を穏やかにして 今周りにいてくれる人・これから先出会う人に優しく接していきたいものです。

そうすればまずは自分自身が負の感情から解放されます。自分の心の中に余裕が生まれ 周りの人達に優しくすることが出来ます。

すると周りの世界も穏やかで 優しいものに変わっていきます。

今の世の中の人たちは幸せにする順番が反対になっている人が多くなっているのではないかと思います。「自分を幸せにしてもらいたい・自分だけ幸せならそれでいい。」こう思っていませんか?

これでは幸せになれるはずがありません。人と言うのは自分が満たされても心は満たされないのです。こう考えるとなぜ今現代が殺伐としているのが分かりますよね?

距離を置く人

そう自分のことばかりなのです。自分のことを幸せにしたいだけなのです。

でも幸せの順番が間違っているから いつになっても満たされない。幸せにならない。だから日々何かにイラついているのです。自分が満たされないことを誰かのせいしたくて負のニュースを探し続けるのです。

するとニュースやS・N・Sはそれを満たしてくれるような負の情報を提供するようになります。これは誰が悪いわけでもありません。環境がそうさせてしまっているのです。

負の情報をテレビで流せば視聴率が良くなる

SNSで人の批判をし 炎上すれば注目を集める事ができ いいねが付きやすい

全て私たちが望んでしまった結果なのです。社会はどんどんと暗い方向に進もうとしています。

私たちはこの流れを変えなければなりません。人との関係がどんどん希薄になりつつある今 ますます状況は悪化するのではないかと私は感じています。

次の世代の人の為にも手を打たなくてはなりません。私はこの状況を変えることが出来ると信じています。

皆さん 自分の力では何も変わらないと思わないでください。

諦めらめなければ憎しみに満ちたこの世でも変えることが出来ますよ。まずは自分の周りの人を幸せにしましょう。そうすれば世界は変わります。私はそう信じています。

合掌