共生・共存 共に生きる意味 

共存役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

手と手

Ichiです。

皆さんは心から信頼できる方はいらっしゃいますか?

家族・友人・恋人 共に歩んでいる方はいらっしゃいますか?

 

「共同・共鳴・共感・共力 いずれも伸びる力と知れ」

 

お釈迦さまの言葉です。

人は他の人と共に歩むことで 自分の力だけでは到底叶わない夢・目標に到達する事が出来ます。

私たちは何故こんな簡単なことさえ出来ないのでしょうか?

人はいつから人のことを信じられなくなってしまったのでしょうか?

いつからか世界は全ての物を奪い合うようになりました。

お金・権力・時間を誰かに奪われないように必死で守りながら 隙があれば誰かの物を奪おうと日々お互いを牽制しあい ビクビクしながら生きています。

煩悩にまみれた生き方です。

お釈迦さまが生きていらっしゃったらどんな悲しい顔をするでしょうか?

まさに

「末法」(仏様の教えが衰え 修行して悟る方がいない時代)

です。

しかし今 一筋の光が私たちの前に差し込みました。

それはインターネットの世界です。

お坊さんとは思えない考えかも知れませんがインターネットがもう一度私たちの中にある

人と共に生きる力・人を信じる力を蘇らせてくれるのではないかと私は考えています。

インターネットを使えばどんなに不便な場所に住んでいようと

人を信じ・共に生きることで成功した人達の前向きな思考に触れる事が出来ます。

家族

素晴らしい生き方をされている人達は

人と共に生きる重要性を知っています。

人生の幸せは 人を蹴落としたり・自分だけ幸せになろうとしても決して手に入る物ではありません。

自分だけ勝つのではなく

自分に関わっている全ての人達を勝たせるような生き方こそが

自分を自分の実力以上に伸ばしてくれる生き方なのです。

全ての人たちがこのように思って生きていければどんな素晴らしい世界になるでしょう。

情報の共有が日々 目まぐるしく進歩し続けている現在なら世界を変えていく事は可能であると私は思っています。

今 私たちは情報をただ受け取るだけの立場ではなくなりました。

私たち個人個人が情報を発信できる時代です。

私たちはもっと自分の情報を発信するべきなのです。

あなたが感動した 共感を持った言葉・人物のことをどんどんS・N・Sなどを使って発信していきましょう。

あなたの情報に共感し 前向きに生きる事が出来るようになる方が必ずいます。

良質な情報をどんどん発信し

一緒に世界を良くしていきましょう。

これこそ これからの時代の共に生きるではないでしょうか?

離れていても 皆さんと共に生きていきたいです。

最先端の技術を使って数多くの同じ志の人と繋がり

もっともっと自分の伸びる力を高めていきましょう。これから面白い時代になりますよ。

合掌