自分を整える まずはそこから

絶景にいる 人役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

空に映る 人

Ichiです。

 

「始めに自分を整える事 その後で人に教えなさい」

 

お釈迦さまのお言葉です。

この教えはすごく大切な事だと私は思います。現代の人達はこの順番が完全に逆になっているのではないかと感じることがよくあるのです。

自分の心の状態が整っていないのに他の誰かに意見を言う。心が整っていない人の意見ですから相手の人の心にも届きません。

聞いてもらえないばかりか自分の未熟さを指摘され争いごとに発展してしまったりもします。

確かに今の世の中はインターネットの普及により 情報を集めることが非常に簡単に出来るようになりました。

頭には非常に多くの知識が詰まっています。そうなるとその知識を使いたくなります。

知識を使って誰かにすごいと言われたい・誰かを知識で論破したいと言う煩悩が生まれてしまうのです。

そうなると人は 他の人の欠点や未熟な所を探し始めます。自分の知識を使ってみたいと言う欲望を満たす為に。俗に言うマウントをとる行為に走るのですね。

なんとも虚しい行為ですね。受ける方はたまったものではありません。受け手ははすぐその不快さに気づき意見など聞く気にならなくなってしまいます。

そもそも知識というものは自分の為に取り入れるものであって 誰かを教える為に取り入れるものではありません。

お釈迦さまも悟りを得る為に自分で知識を得て修行をしました。

その姿を見て素晴らしい通った人がお釈迦さまに教えや悩み事を相談しに来るのです。

お釈迦さまは自分の経験や体得した事をお話しします。自分で行動したお話しなので説得力があります。

聞く方も自分で聞きたいと思っているのですから真剣に聞きます。教育の理想というのはこういう関係ではないかと思います。

本を読む人

教えるという事は口先でするものではないのです。行動で示すものなのです。

インプットした知識は誰かにアウトプットするのではなく 自分の行動にアウトプットしましょう。これはすごく大切な事だと私は思います。

気持ちはわかりますよ。取り入れた知識を人に話しておーってなったら嬉しいですよね。

でももったいないですよ。その知識をあなたが行動で示したらもっと人はあなたに関心を持ってくれます。

相手の方からその知識について聞いてきたら その人はあなたの事を尊敬の眼差しで見ているだろうしその知識を自分のものにしようと真剣にあなたの話を聞きますよ。

皆さんまずは自分をもっと高める努力をしましょう。知識をインプットし自分の行動にアウトプットしましょう。

そうすれば自然とあなたの周りに人が集まり 教えを求める人が出てきます。これが出来ればあなたの心は満たせれ整いますよ。

インプットしたら自分の行動にアウトプット!!

常に意識して共に頑張りましょう。

合掌