スポンサーリンク

挨拶がある意味

ハイタッチする 女性役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

握手する女性

Ichiです。

毎回 挨拶から始まる私のブログ記事ですが。

皆さんは挨拶がなぜ存在するか 考えたことはありますか?

私たちは子供の頃から親・学校・社会で

「挨拶は非常に大切なものだ!必ず元気よくするように!」

と何度も教えられてきました。

以前の記事にも書きましたが

感謝の気持ちを示すこと まずは挨拶から
皆さんは日々誰かに感謝しながら生きていますか?人は一人で生きていく事は出来ません。あなたは誰かの力を借りて生きています。あなたは最近誰かに感謝を伝えましたか?

挨拶は自分の心も相手の心も癒してくれる 非常にコスパに優れたものです。

しかし なぜ存在しているかについて考えたことのある人は少ないのではないでしょうか?

挨拶はいかにして生まれ・存在しているのでしょうか?

 

「人間社会は礼儀から生まれたものだ だから挨拶が存在するのだ」

 

お釈迦様の言葉です。

これを聞くと納得できますよね。

私たちの社会は礼儀をベースとして成り立っているのです。

人が人を敬うことによってこの世界の安定は保たれているのです。

私たちはお互いを尊重し・敬うことで人としての良好な関係を築くことができるのです。

私たちはこのことを教えられず 挨拶をするということになんの意味があるのか知らないまま ただ「やりなさい」と教えられたので その重要性を理解せずなんとなくしている方が多いように感じます。

挨拶とはそんなに軽く扱っていいものではないのです。

何故なら人としての社会を人と築くときに初めて使うツールなのですから。

皆さん 初めて会った人にまずはなんて言葉をかけますか?

「初めまして」

ですよね?

こう相手に挨拶されたとき 目も合わせず・聴こえるか聞こえないかの小さな声で適当な感じで言われたら

皆さんその相手と良好な人間関係を築きたいと思いますか?

思いませんよね?

お辞儀をする 女性

有能な人ほど挨拶に重きを置くのはそのためです。

自分に礼儀を持って接することができない人と付き合ってる時間は彼らにはありません。

挨拶ができないとあなたにチャンスをもたらしてくれる人がいなくなってしまいます。

挨拶をしっかりできないだけで あなたはあなたの人生の可能性を狭めていることになるのです。

挨拶を相手に返さないなんてもってのほかです。

挨拶を返さないだけであなたはもう人としての関係が築けない人と相手に認定されてしまいます。

心から笑い合える友人などできるはずがありません。人から認めてもらうこともできないでしょう。

皆さん ぜひもう一度 挨拶の重要性を理解してください。

「人に好かれたい・認められるにはどうしたらいいか」と色々な本を読み漁るのもいいですが

相手の目をしっかり見て・相手の方にしっかりと向き合い・大きな声で挨拶!!

挨拶がしっかり出来ないと 良好な人間関係は築けませんよ。

この記事を読んだその瞬間からぜひ実行してみてください。

皆さんの元気な挨拶を期待しています。

合掌