自分を駄目だと決めつけるな!

悩む女性役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

落ち込む男の子

Ichiです。

私は自分のことを ダメな人間 だなと思いながら今まで生きてきました。

運動神経がいいわけでもなく ルックスがいいわけでもなく 勉強がずば抜けてできた訳でもない 他の人と自分を比べて 標準かそれよりも劣っていると感じていたからです。

何とも個性のない地味な自分の対して 「なんてダメな人間なんだ」 と何か自分で出来ないこと・失敗することがあるたびに 自分を責めて生きてきました。

皆さんはどうですか?

自分のことをダメな人間だと思ったことはありませんか?

自分に自信が持てず 自分のことを認められずに生きることはとても辛いことです。

お釈迦さまはこう仰いました。

 

「自分のこと・他人ことを だめだ!だめだ! という人は心が歪んでいる

自分と向き合い 自分の存在を認めて 心を整えなさい」

 

私たちは 周りの人の影響・自分の目で見た情報・自分の耳で聞いた情報 により心の形が歪んでいくのです。

家族・友人に言われた自分の人格を否定するような言葉・自分の未来を否定するような言葉 自分より明らかに人生を楽しんでいる人のS・N・Sの投稿 評価が数値化されている現代社会。

自分の評価は常に他人との比較でつくものだと思い込み 自分より評価の高い人を嫉妬し・自分よりも評価の低い人を見下す。

こんな生き方をしていて 心が歪まない人など存在しません。

今の社会に生きている人の心は皆 歪んでしまっているのです。

人との比較から生まれる優越感に酔いしれ 人を見下すことができる情報ばかりを求めているのですから。

私もその歪んだ影響を受け 自分に自信をなくし 生きることが辛い時期がずっと続いていました。

しかしある時ふと思いました

「自分のことを駄目だと思っているのは 自分だけではないのではないか?」

そう思って周りをよく見渡してみると 周りの幸せそうに見える方々も何か生きずらそうな顔をしていました。

その時気がついたのです。

「心が歪んでいるのは私だけではない。みんなも苦しんでいるんだ。」

私は他の人と比較し 勝手に敗北感を自分自身に植え付け 自分の心を向き合おうとせず 自分の心をただ歪ませていただけだったのです。

この時私は自分の心と向き合う大切さを知り 他の人と自分を比べるのをやめ ただ自分自身を高めることだけに集中しようと決意しました。

すると自分の心の歪みがとれ 心が整い始めたのです。

自分自身に自信が持てるようになり 自分自身を認めることが出来るようになり 心の余裕も生まれ 周りの人のことを非難したりすることも無くなりました。

立ち上がる男性

今自分に自信が持てず 自分を駄目な人間だと思っている人がいる方に言いたいです。

「自分の事を駄目だと思うのは ただ自分の心が沢山の物事に影響され歪んでいるだけ。

どうか自分の存在自体を否定しないでください」

駄目な人間などこの世には存在しません。

「自分は駄目な人間」そう思い込み自分の存在を否定しているのは 自分自身なのです。

自分自身で自分を悪い方向に洗脳してしまっているのです。

自分の心と向き合いまょう 自分の心の声を聞きましょう。

今いる場所が自分の全てではありません。

もし今の場所に行きづらさを感じているならその場所から離れましょう・逃げましょう。

家族・友人・環境 全て自分の心に影響をもたらします 自分の心の歪みに繋がってしまうものです。

自分の心を整えるために 勇気を持って自分の環境を自分が心地いいものに変えましょう。

あなたは駄目な人間ではありません。

皆さんの心が1日でも早く整いますように

合掌

 

 

 

 

 

関連コンテンツ



役立つ仏教知識
シェアする
いちをフォローする
スポンサーサイト様
心の悩みに効く 心が軽くなる 住職の言葉 仏教ブログ