スポンサーリンク

努力ってなに?あなたは人知れず努力出来る人ですか?

ガッツポーズの女性役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

勉強

Ichiです。

皆さんは人に見られていない時も努力する事はできますか?

 

「陰徳は天地の光陰に勝る」

 

お釈迦さまの言葉です。

「誰からも見られていない・評価されていないことも 自分のプラスになる」

という意味です。

人は人に見られない努力をする事を嫌います。地道な努力をしないですぐに結果を求めてしまいます。

常に誰かの視線・評価を欲しがります。誰かに見られている時だけ張り切る人 あなたの周りにいませんか?

世渡り上手と言えばそれまでなのでしょうけれど 見ていて素敵な生き方とは思えませんよね。

「あの人は普段たいして努力していないのに評価されている。

何で日々裏表なく努力している私が評価されないんだ」

と歯痒い思いをしている方に言います。

人前でだけ頑張っている人は

誰も見ていないところで努力しているあなたには勝てません。

誰も見ていない所でも努力できる人は努力がもう習慣化されています。

心はいつも穏やかで自分の積み上げを淡々とこなす事が出来ます。

一方 人前だけ努力する人はどうでしょうか?

人前だけ努力する人は心がいつも揺れています。

努力するかしないかが 人が見ているか見ていないかなのでコロコロと状況が変わってしまいます。

なので人が見ていないとすぐ怠ける心が顔を出すのです。

結局のところ 人前でしか努力しない人の努力というのは努力ではないのです。

パフォーマンスなのです。

上がる グラフ

努力だけではありません。

人に見られていない時にこそ自分の本質が出てしまうものです。

例えばゴミのポイ捨て

あなたは今 ゴミを持っています。周りにゴミ箱は見当たりません。

人も誰もいませんあなたならどうしますか?

「人に見られていないから ポイ捨てしてしまおう」

こう考えてしまった人はその後も違う悪行をしてしまうでしょう。悪行をするという事が日常になっていきます。

そして いつか我慢が出来なくなり人前でも悪行をしてしまうようになるのです。

「たかがポイ捨てじゃないか」と思う人もいるかも知れませんが仏教には「業」という考えがあります。

自分の常日頃の行いが自分を形作るという考えです。

つまり 悪行を重ねれば重ねるほど自分は悪い人間になってしまうのです。

私たちは誰も人が見ていないときでも自分を変えてはいけません。

人が見ていようがいまいが 常に心を落ち着かせて善業・努力を積み重ねるのです。

そうする事で人から評価されることを望む煩悩から自分を解放する事が出来ます。

自分の体も善業で形作られるので自分を良い方向に導いてくれます。

誰からも見られていない時こそ自分を成長・形作る重要な時間なのです。

皆さん 一緒に努力・善業の積み上げ頑張りましょう。

合掌