スポンサーリンク

戒めの意味 自分への戒めの使い方 本当はすごく大切です

ハート 罰役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

警告

Ichiです。

皆さんは自分のルールみたいなものを持っていますか?

仏教には戒律というルールがあります。

戒律というと皆さんとても厳しい修行や非常にストイックな我慢のことを想像するかもしれませんが

戒律とは自分・人・生き物を大切に守っていく為にできたものなのです。

 

「戒めを守って老を迎えるのは喜びである」

 

お釈迦さまの言葉です。

人というのは自由になりたい 自由になりたいと願っています。

自分の好きなようにやりたい放題生活できる人生が理想であると。

そうなれるように日々 自分だけ成功する方法を探し続けています。

何故それが幸せなのでしょうか?

好きなように生きることが本当に幸せなのでしょうか?

相手の置かれている状況・気持ちを何も考えず

自分の言いたいことだけを言い続けたり 自分の感情のままやりたいように行動したら自分の周りに人は集まるでしょうか?

自分の食べたいものを自分の好きな時間・好きな量食べ続けたら自分の身体はどうなるでしょうか?

自分の周りからはどんどん人が離れていき

自分の身体は暴飲暴食で壊れてしまうでしょう。

そうなのです。人は自由になると不幸になるのです。

時間管理

人生が充実している人は自分に制限をかけその中で心と身体を整えているのです。

人としての本当の幸せはその中にあるのです。

今話題のホストをやっていらっしゃる

ローランドさんがまさにそうですね。

彼は自分に多くの戒めを課しているのですが それを守る事で見つかる気づきを心から楽しんでいます。

そのライフスタイルはまさに今現代の人が無くしてしまったものであり 心の中では取り戻したいと願っているものなのです。

彼は人の悪口を言いません 人を否定するようなこともしません。

何故でしょうか?

彼は自分の戒めを破らない事によって

自分に対して絶対的な自己肯定感を手に入れる事が出来ているのです。

自己肯定がしっかり持っている人は気持ちが穏やかです。人に対して心から優しく接することが出来るのです。

彼の周りには彼を尊敬し 慕う人が数多く集まっていることでしょう。彼は健康にも気を配っています。素晴らしい人生をおくれていることだと思います。

やりたい放題の人生と自分に戒を与える人生

どっちが幸せか皆さんもうお分かりですね?

自分の本当の幸せを考えるのなら戒は絶対に必要なものなのです。

自分に制限をかけ・その中で心と身体を整え 自己肯定を得て人の為に生きる幸せを見つける事を努力し続ける。

この気持ちを持って歳を取れたらどんなに素敵な事でしょう。

一度しかない人生です。お互いそうなれるように頑張りましょうね。

合掌