スポンサーリンク

欲しがらない 幸福を知ろう

欲しがる女性役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

空に手をかざす

Ichiです。

今の世の中 見渡せば欲しいものだらけです。

今生きている人は 昔の人よりも不幸なのではないかとよく思います。

それは自分の欲を刺激するような情報が 自分の思いついたままに手に入ってしまうからです。

それに加え 何気なくネットをスマホで見ているうちに 自分がまだ知ることもなかった自分の欲を見つけてしまったりもしています。

人の欲を刺激することは心を揺らすことに繋がるので 注目を集めることができます。

ものを売る人・情報を売る人たちは 注目されてこそ自分の商品が売れる可能性が高くなるのでできるだけ人の欲を刺激するような広告を考えます。

欲を刺激する 情報・広告 これらに囲まれ私たちは日々自分の欲を満たそうと満たされない日々を送っています。

非常に疲れるし どこまで行っても終わりがありません。

私たちはどう自分の心を守っていけば良いのでしょうか?

 

「必要なもの以外は自分の心の中に置くな

それ以上欲しがるな」

 

お釈迦さまの言葉です。

私たちは心の中に多くのものを持っていた方が優れている人間になる・幸せになれると思っているのです。

テレビに出てくる裕福な人は沢山の知り合いがいて ブランド品・高級車を持っていますからそう思ってしまいますよね。

しかし 本当にそうなのでしょうか?

人生に沢山の知り合いなど必要なのでしょうか?

自分の周りを欲しいもので満たせば 自分の心は穏やかになるのでしょうか?

皆さんもうわかっているはずです。それでは自分が幸せになることはないと。

カートに入る プレゼント

知り合いが多い方が幸せになると 自分に無理をさせて好きでもない人たちと一緒に過ごし心が疲れ果ててしまった

自分の周りに欲しいものがあれば幸せになれると思い沢山ものを買ったら 自分の生活する場所にものが溢れてしまい住み心地が悪くなってしまった

皆さんこんな経験があるのではないでしょうか?

私たちは自分の持っているものを増やしていけば 幸せになるわけではないのです。

むしろ心に置くものを厳選し 心の中に余白を持っておくことが大切なのです。

心に余白がある状態でいれば 自分の心に余裕が生まれ 心は穏やかになるのです。

それは生活する場所にもいえます。

無駄なものを家の中に置いておくと それを見るたびに自分の頭にノイズが生まれます。

自分の必要なもの・気に入っているものだけしか身の回りにないと心がクリアになります。

皆さん 自分の周りの整理整頓を心がけましょう。

心にも 住んでいる場所・持ち物にも余白を作りましょう。

それが自分の心を穏やかにする方法ですよ。

ぜひ 覚えておいてください。周りの欲に流されないで どんどん自分を身軽にして生きていきましょう。

合掌