自分と他人を等しく大切にする人が一番尊い

自分と他人役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

人混み

Ichiです。

皆さんは自分自身を大切に出来ていますか?

自分を大切にすること・愛することがどれほど重要なことか理解できていますか?

お釈迦様はこう仰っています。

 

「人それぞれが自分を大切にし・自分を愛することは

他の人を護ることに繋がる。

だから自分を邪険に扱ってはならない。

それは自分の不幸・周りの人の不幸に繋がっているのですから。」

 

皆さん自分を守るということは自己中心的な考えで あまり良いことではないと勘違いしていませんか?

そんなことはありません。

自分を大切にしない生き方は自分の周りにいる大切な人たちにも 非常に悪影響な生き方なのです。

例えば あなたが誰かに心ない批判を浴びせられたとします。

日々 自分を大切にしていないあなたはその批判の影響をそのまま受けてしまい 心が揺れてしまいます。

あなたは自分自身の自信をなくし・傷つき イライラすることでしょう。

そんな状態のあなたはどんな行動をすると思いますか?

そうです。自分の周りにいる 自分が心を許している人達に八つ当たりを始めるのです。

自分の両親・恋人・子供達 関係が近ければ 近いほどその被害を受けやすくなります。

両親への暴力・恋人へのDV・子供への虐待 この行為の根底にあるものは 自分を大切にできていない心の苦しみが原因なのです。

自分自身としっかり向き合おうとぜず 自分の運命・環境・周りの人のせいにして「自分はなんて不幸なんだ。全部自分の周りのせいだ」と自分と他の人を傷つける事しか考えられないような思考に陥ってしまっているのです。

自分自身の幸せとは外の世界から生み出すものではないのです。

自分自身の心の中から生み出すものなのです。

自分自身を愛し・大切にすることが この世界の幸せの本質なのです。

「自分を取り巻く環境が悪い」「自分に自信が持てない」

こう言い続けても人生は好転しませんし 自分の周りにいる人にも悪影響を与え続けることになってしまいます。

人間関係の歪み

皆さん 勇気を持って自分自身を愛してみましょう・信じてみましょう。

人は幸せな状態が通常の状態で 不幸せな状態が異常事態なのです。

私達は不幸を我慢するために生まれてきたのではありません。

あなたは幸せになるためにこの世界に生を受けたのです。

自分を大切にする・愛する方法がわからないという方は

夜10時に寝て 朝5時に起きる生活を3ヶ月続けてみてください。

お金もかかりません。どんな環境にいる方でも可能な行動です。

これができればどんな方でも自己肯定感を得ることができると思います。

自己肯定感が高まれば 自分の心に余裕ができ その余裕で他の人の事も自分と同じぐらい愛せることが出来る様になりますよ。

自分を大切にすることがこの世界を良くするたった一つの方法なのです。

大袈裟に言っているわけではありません。

他の人になんと言われようともずっと自分自身の味方で居続けましょうね。

幸せでいる状態が人生の通常状態である 覚えておいてくださいね。

合掌