スポンサーリンク

生きる苦しみに 逃げ場なし!

だらける猫役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

頭を抱える女性

Ichiです。

「今抱えているこの苦しみから逃れたい!どこかに心が穏やかになる場所があるはずだ!」

皆さん一度はこう考えた事 あるのではないでしょうか?

私たちは常に何らかの悩みを抱え 日々を過ごしています。

自分の解決しない悩みを今いる環境のせいにして どうにかして今の環境から逃げてしまえないかと考えてしまいます。

確かに今自分がいる環境を全て捨て去り 自分のことを誰も知らない土地に行けば今ある苦しみからは解放されるかもしれません。

しかし それで全ての苦しみから本当に解放されるのでしょうか?

 

「人は生きる状況が変わるごとに

新しい苦しみが生まれる

それも生き甲斐の一つだと心得よ」

 

お釈迦様の言葉です。

そうなのです。

私たちはどんなに居場所を変えても苦しみから逃れることは出来ません。

しかし ここで注意して欲しいのはこの苦しみというのは自分自身から生まれる苦しみのことで 人間関係の苦しみのことではありません。

今もしあなたが他の誰かに自分のことを否定・侮辱されているのなら すぐにその状況から離れましょう。

もし物理的に離れられないとしても 心だけはその状況を直視するのを避けてください。

そんな苦しみをあなたが背負うことはありません。

あなたを否定・侮辱する権利など誰も持っていないのですから。

こんな苦しみに悩み・自分の時間を使うほど人生で無駄な時間はありませんよ。

落ち込む 人形

あなたは自分自身の内にある苦しみに向き合い それを解決することに集中しなければなりません。

なぜ自分の心はこんなに満たされないのか?

なぜ私は他の人と自分を比べてしまうのか?

なぜ私は周りの人を幸せに出来ないのか?

なぜ私はチャレンジする第一歩が踏み出せないでいるのか?

このような苦しみこそ私たちが生き甲斐として向き合うべきものなのです。

これらの苦しみはどんなに自分の周りの状況・立場を変えても姿・形を変えあなたを苦しみ続けることでしょう。

皆さん 安心してください。この苦しみから逃れる方法を私は知っています。

それは毎日自分が出来る努力を淡々と積み上げていくことです。

私たちはつい外の世界の手助けで自分が良い方向に変わることを期待してしまいます。

しかしそれが間違いなのです。自分を良い方向に変えるためには自分の中から変えていくしか方法はないのです。

日々の自分のやるべき事に向き合い 夢中で積み上げる日々を送っていると 自分の置かれている状況や他の人の評価などが全く気にならなくなり 心はどんどん晴れやかになっていきます。

これこそが人の根本の苦しみを解決する方法だと私は思います。

皆さん 外の世界のことなど気にせずに自分のやるべき事に集中しましょう。

それが人生に生まれ続ける苦しみを解決するためのたった一つの方法です。

そこから生まれた心の余裕で周りの人を幸せにしてあげてくださいね。

合掌