スポンサーリンク

自分の上手な磨き方

本を読む人役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

鏡

Ichiです。

皆さんは日々 自分磨き頑張っていますか?

本当の自己承認を得るためには自分で自分を磨くしか得ることは出来ません。

私たちはそのことを理解しているはずなのに 上手く自分を磨けていなかったりします。

「自分をどう磨いていけば良いかわからない」

「自分なりの方法で磨こうとはしているが なかなか結果が出ない」

こう考え 自分の生き方に迷ってしまっている方もいると思います。

お釈迦さまはこう仰っています。

 

 「人は長所を伸ばせば伸ばすほど 短所がかすんでいく

これが自分を上手に磨く方法である」

 

自分を上手く磨けない方は 自分の短所ばかりに注目してしまっているのです。

短所ということは自分が苦手にしている事です。

それに取り組めばたくさんの失敗をしてしまう事でしょう。

自分に自信が持てない状態で自分の短所に向き合うと 余計に自分に自信が持てなくなり・自分のことが嫌いになってしまいます。

これは上手な自分の磨き方ではありません。

上手な自分の磨き方は自分の長所を磨き続けることなのです。

長所は自分が得意としていることです。

それに取り組めばたくさんの成功体験を得ることができます。

すると自分の中に自信が生まれます・心の中に余白が生まれます。

この心に余白を作るということが非常に大切なのです。

心に余白があれば自分の短所にも余裕を持って向き合う事ができます。

短所に向き合い自信を失いかけても 長所で作った自信が自分を励ましてくれるのです。

レベルアップ

人生を上手に生きている方は これを体現して生きています。

自分の好きなこと・得意なことに自分の時間を全て集中し 短所に関しては他の人のサポートを受けほぼ自分の時間を使いません。

このように生きている方は皆さん自信に満ち溢れています。

上手に自分を磨き続けているのです。

短所に向き合わないことは 自分の弱さから逃げているように思うかも知れませんが そんなことはありません。

自分の出来ないことに嫌々向き合うことは 自分の精神を自ら壊そうとしているようなものです。

そこまで嫌なことなら 素直に他の人のサポートを受ければ良いのです。

他の人に迷惑をかけてしまうことは別ですが 自分の自信を失ってしまう短所に無理に向き合うことはありませんよ。

皆さんぜひ自分の長所を伸ばすことを最優先にしましょう。

成功体験をたくさん積み重ねて自分の心に余白を作りましょう。

そうすれば自分の短所など気にならなくなります 心も穏やかな状態を保つことができます。

これが自分の上手な磨き方です。

今日からでも実践できますよ。すぐやってみましょう。

合掌