スポンサーリンク

心を育てること

空に浮く 心役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

笑顔の卵

Ichiです。

皆さんは自分の心を育てていますか?

自分の見た目・肉体的な健康状態には非常に気を使い 日々磨き続けているという話はよく耳にしますが 自分の心を育てているって言われる方あまりいませんよね?

もちろん自分の見た目や健康に気を使うことは自分を前向きにしてくれる大切な要素なので 日々磨き続けるべきだと思います。

それと同時進行で自分の心も育てていけばより良い人生になっていくと思いませんか?

私たちはどう心を育てていけば良いのでしょうか?

 

「心を育てること それは子育てのようなものだ。

決して急がず 忍耐強く育てよ」

 

お釈迦さまの言葉です。

心を育てるということは非常に忍耐のいる作業なのです。

何故なら なかなか心は強くならないからです。

外の世界から受けた影響で心はすぐに弱ってしまうからです。

努力して仕事で結果を出し 自分に自信を持ち始めていたのに 他の人が自分より優れた結果を出しているのを見て自信を失ってしまった。

自分を上手くコントロールしてダイエットに成功したのに インスタグラムの投稿で自分よりもっとスタイルがいい人を見つけ自分は大したことはないと思ってしまった。

心を磨き自分を好きになれそうだったのに 他の人の心ない一言で自分をまた嫌いになってしまった。

こんな思いをした経験があるのではないでしょうか?

人の心というのは非常に繊細なものです。

昨日はすごく幸せな気持ちでいたのに 今日は苦しくて仕方がない。

こんなことが日々心の中で起き続けています 心は常に幸せ・苦しいを行ったり来たりしています。

これでは疲れてしまいます 人生を心穏やかに生きる為には自分の心を育てなければなりません。

笑顔の女性

皆さん 自分の心を育てましょう。

他の人や環境に動じない心を育てましょう。焦りは禁物です。

自分の心とじっくりと向き合い・大切に大切にしましょう。

他の人・環境など気にしなくてよいのです。自分自身に集中し自分を高めることだけを考えましょう。

途中で自分と向き合うことに不安になり 周りと比べようとしないでください 心が強くなるには時間がかかるのです。我慢して自分と向き合い続けましょう。

まずは自分の中にぶれない自分を作り上げるのです。

そうすれば外の世界から入ってくる情報を学びとして捉えられ・自分に害のあるものであれば受け流すことができるようになります。

心を育てることによって 人生を自分らしく生きていくことができるのです。

「心を育てることに焦りは禁物」これを忘れず 自分を信じて生きていきましょう。

皆さんの心にしっかりとした 「芯」 ができ 人生を自分らしく生きていけるよう願っています。

応援していますよ。ゆっくり焦らずです。

合掌