スポンサーリンク

私たちが抱く 使命

紙でできた人役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

Iife

Ichiです。

現在のネット社会 私たちの人間関係は希薄になり続けています。

それに拍車をかけるコロナウイルスの流行により始まったリモートワーク。

私たちは自分一人で生きているような感覚になっていまい 生きるものが忘れてはいけないことを忘れ始めているように思います。

これを意識しないことによって 人に敬意を持って接するのではなく悪意を持って接するような社会になってしまったのではないでしょうか?

 

「世の中の全ての生き物に命が宿っている。

私たちはそれをありがたく頂いて生きているのだ。

その分私たちは自分を大切にしなければならない・世に尽くさねばならないのだ」

 

お釈迦さまの言葉です。

皆さん 自分が生かされている・何かの命を自分の中に取り込んで生きている意識を持ち それに感謝して生きていますか?

私たちは決して自分一人では生きていくことはできません。

常に何かの命をいただかなければなりません。この事実を忘れてはいけません。

私たちは生きているということを 軽く考えすぎていないでしょうか?

私たちの中には他の生き物たちの命が入っていて 共に私たちの中で生き続けているのです。

そうして生かしてもらっている命を雑に扱ったり・人を傷つけたりすることに使ってよいものなのでしょうか?

他のものからの命を受け継いで生きている自分 大切にしなければならないですよね?

人を傷つけることをせず 世の中が少しでも良くなるよう自分の出来ることをしていきたいですよね?

これこそが私たちが胸に抱いておかなければならない使命です。

青空と家

現代社会でこの使命を教えてくれる人があまりにも少ないように感じます。

みんな 承認欲求を満たすために自分アピールに夢中です。

みんな 自分より不幸な人を探すのに夢中です。

みんな 人の失敗を笑うことに夢中です。

お釈迦さまが生きていたら 悲しい顔をすることでしょう。

私の使命は決して人と自分を比べることではありません。

人のことを傷つけ・笑いものにすることではありません。

自分を大切に 周りの人を大切にし 世の中をよくしていくことなのです。

皆さん ご飯を食べる前にしっかりと手を合わせて

「いただきます」

と言っていますか?

スマホ片手になんの感謝もせずに 命をいただいていませんか?

そんなことをしていたら 人が生きる使命から離れた生き方になってしまいます。

自分のために多くの命が犠牲になっていることを思い出してください。

自分が今 この世に生きていることに感謝しましょう。全ての生きものに感謝しましょう。

皆さんが使命のことを忘れなければ 世の中はよい方向に変わっていくと私は思います。

「いただきます」の言葉を大切にしていきましょうね。

合掌