スポンサーリンク

過去の過ちの償い方

砂時計役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

灰色の街並み

Ichiです。

私たちは人生を歩んでいる中で 誰しもが大なり小なり過ちを犯してしまうものです。

仏教には善業・悪業という考えがあります。

善業は良い結果を自分にもたらす・悪業は結果として自分の心に苦しみをもたらす。

皆さんの中には自分が過去にした悪業を後悔し 罪の意識で日々苦しんでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

自分が犯した罪が帳消しになることはありません。

私たちはずっと自分が犯してしまった悪業に苦しみ続けなくてはいけないのでしょうか?

何か償える方法はないのでしょうか?

 

「以前犯してしまった悪業を償う方法 それは善業を積み重ねることである。

そうすれば悪い行をした人でも 人から尊敬され・この世を照らすことができる」

 

お釈迦様の言葉です。

私たちが自分の罪に対してやるべきことは その罪を犯してしまったことを後悔して下を向いて生きることではありません。

その罪を償えるような善業を重ねていくことが大切なのです。

自分の犯してしまった悪業によって 自分の人生が終わってしまったと思い込んではいけません。

人の心は弱いものです。

どんなに強い意志を持とうと努力しても 心の揺らぎは起きてしまうものです。

時計

自分が過去にしてしまった行動・発言を無かったことには出来ません。

大切なことは自分の犯した悪業にしっかりと向き合い・反省し それ以上の善業を今から積み上げていこうと決意するということです。

自分が犯した悪業にとらわれていても 人生は一向に好転していきません。

しっかりと反省し・同じことをしない対策が出来たら 前向きに善業を積み上げることに集中しましょう。

自分が作ってしまった悪業を善業で塗りつぶして徐々に見えなくしていくイメージですね。

こう考えることで「自分の悪業を償えることができるんだ」と前向きに生きていけることができると思います。

生きていて一番してはいけないことは 思考停止になってしまうことです。

自分の悪業に苦しむだけで何も考えられなくなってしまっていませんか?

これではいつになっても自分の犯した罪を償うことは出来ません 自分の人生を明るいものに変えていくことはできません。

私たちは人生をどこからでも やり直すことができます。

その為に必要不可欠なものこそ 善業を積み上げることなのです。

皆さん 日々善業を積み上げていきましょう それこそが自分を高め・自分を肯定してくれる唯一のものなのですから。

悪業を犯してしまったのなら それ以上の善業を自分で考え・行動し積み上げいていきましょう。

それができれば自分の罪を受け入れ・償い 周りの人を幸せにできると私は思います。

皆さんが自分の犯した悪業を償い 前向きに生きていけることを願っています。

合掌