無視することの大切さを知ろう!

苦手な人と対応する人役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

目を塞ぐ 女性

Ichiです。

皆さんの人生を悩ますものとして かなりの部分を占めている 人間関係 生きていると常に考えてしまいますよね。

皆さんが一番大変だと思うことは 自分に合わない人・傲慢な人・嫌いな人 とどう接していけばいいのかではないでしょうか?

このタイプの人に限って自分の周りから離れなかったり 好きではないとアピールしているのに寄って来たりしますよね。

自分が好きでもない方から受ける誘いほど拷問なことはありません もちろん誘いに乗りたくはないし 断るのもめんどくさかったりします。

私たちのは自分の好きではない人に時間を費やしている暇はないはずです。

どう対処するべきなのでしょうか?

 

「傲慢な人・嫌いな人・自分に合わない人は相手にしなくて良い

 無視して自分の人生を歩もう」

 

お釈迦様の言葉です。

皆さん心が優しい方多いので どうしても無視することが出来ないでいます。

「無視したら 相手が可哀想だ」

「無視したら 後でどんな風に言われるか分からないから怖い」

「そんなことをしたら自分の周りから人がいなくなってしまうかもしれない」

こう考えてしまい 嫌々その人達に自分の時間を費やしていませんか?

はっきり言わせてもらいますが。

相手はあなたがそんなことを考え苦しんでいることを 全く気づいてないのです。

むしろ相手は かまってやってるんだ・誘ってあげているんだ と思っていたりするのです。

だから相手と自分の考えはずっと平行線のままなのです。

確かにずっとその相手と付き合い続けたたら どこかで分り合い友人関係になれるかもしれません。

しかし その時間があるなら今自分の周りにいてくれる 自分に敬意を持って接してくれる人・自分を大切にしてくれる人に使った方が効率的ではありませんか?

耳を塞ぐ 女性

私たちはもっと自分の気持ちに正直に生きて良いのです。

合わない人と付き合っていても 自分が心から笑うことは出来ません。

相手を無視することを恐れてはいけません。そうしないと相手に自分の気持ちは伝わりませんよ。

もし 無視して相手に何か言われても心を乱さないでください。

相手はあなたのことを心配しているわけではありません 単に自分のプライドが傷つけられたと思い腹を立てているだけです。

そんな人達のために あなたはまた自分の好きでもない人がいる環境に身を置くのですか?

自分の好きではない・傲慢な人とは一切心の交流を持たないと覚悟ができ 無視するという行動が取れた時 あなたの心はスッキリと晴れやかになり・生きていく活力があふれ出してくることでしょう。

最初は無視することが怖いかもしれません でも頑張ってください。

あなたの周りに自分が好きな人しかいなくなり あなたが心から笑える日が来ることを願っています。

合掌