日々 伸びる人になる方法

成長する 植物 役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

飛躍する人

Ichiです。

皆さん 日々の生活を過ごしていて 自分が成長しているな・日々伸び続けているな と感じることはありますか?

周りの人に求められた課題・仕事をこなすことに誠意一杯で 自分成長を感じられる瞬間ってあまりないものです。

私たちはどう行動し・どう考えて生活すれば 成長を感じながら生きていくことができるのでしょうか?

 

「自分が生きている事だけに喜ぶ人は並の人

周りのものに感謝して生きることができる人は伸びる人である」

 

お釈迦様の言葉です。

私たちは日々の生活で自分の成長を感じられない人は自分の事ばかりに集中してしまい 視野が狭い状態にあるのです。

人は自分の事ばかりになると自分の常識に捉われ・自分自身だけを愛し 自分が喜ぶことだけを追求しようとします。

するとどうなるでしょう?

自分の関わる世界が狭くなります。自分の成長の幅も小さくなり。

自分の感じる幸せも小さくなっていきます。

これが原因で私たちは日々の生活で成長を感じられなくなり 「なんか最近伸びないな」と充実感を感じられないようになるのです。

特に今の閉鎖的な世界では自分至上主義が良いものとされている傾向が強くなっています。

周りの人たちの会話を注意深く聞いてみてください 自分の事ばかり話す方ばかりではありませんか?

みんな自分の事に夢中で大切な事を忘れてしまっているのです。

それが周りの人・物に感謝して生きるということ。

大きな会社の社長・有名な芸能人と会って

「あの方は 腰が低く 丁寧な言葉遣いでしっかり挨拶してくれた」

こんな感想を聞いたことがありませんか?

これが日々伸びる続けることが出来る人の生き方。

自分を成長させる為には 周りの人に感謝し・尊重し良好な関係を深め 自分の世界を広げていくことが必要不可欠なのです。

自分の周りの人間関係が良好になると 周りの人の為に何かをしてあげたいと思うようになります。

自分の大切な人のために行動すると 人はその行為に幸福感を感じ・やり甲斐を感じます。

その相手に感謝されると「自分はこの場所にいていいんだ」と人生の満足感を得ることが出来るのです。

今の世界はこの考えの真逆の方向に向かっていると思いませんか?

皆 自分が損する事を極端に嫌い。

自分より幸せな人・裕福な人を妬みどうにかして邪魔してやろうと思い。

自分がいかに優れた人間かを他の人に認めてもらいたいと 自分の事ばかり発信し続ける。

口をひらけば 自分 自分 自分 自分が行動する理由は 自分 自分 自分 これでは生きている充実感は小さくなっていく一方です。

段階を踏んで成長

皆さん 日々の生活に充実感・伸びていく感覚が欲しいなら 周りの人・ものに感謝する生き方を心に持っておきましょう。

自分自身だけで生きていても 人生の視野には限界があります。

周りの環境を良いものにして 自分の人生を良い流れに導きましょう。

自分だけに注目せず 自分を想ってくれているものに注目し 感謝して前向きに生きていくことが人生を伸ばし続けてくれる方法なのです。

人生は 急がば回れ 自分ばかり幸せになろうとしないで周りの人の感謝し・周りの人から幸せにしていきましょうね

皆さんの人生がずっと伸び続け 充実感で満たされたものになりますように。

いつも記事を読んでいただき感謝です。

合掌

関連コンテンツ



役立つ仏教知識
シェアする
いちをフォローする
スポンサーサイト様
心の悩みに効く 心が軽くなる 住職の言葉 仏教ブログ