布施とはそんなに難しいものではない

優しさで溢れている地球 役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

与える心

Ichiです。

以前の記事で仏教用語である 布施 について書いたことがありますが

 

布施についてはこの記事を参照してください

布施の心が大切です。喜んで与えましょう!!
皆さんは「布施」と言う言葉を聞いたことがありますか?多くの方がお葬式や法事の時にお坊さんに渡す報酬だと思っています。しかし仏教における布施の本質は違います。お話ししますね。

 

皆さんは布施と言う言葉を聞いて なにか大変そうなイメージを持ってはいませんか?

「自分のお金を沢山 誰かに与えなくてはいけない」

「自分の人生の時間を犠牲にして 他の人に尽くさなくてはならない」

こう考え布施をすることに躊躇している方がいるように感じます。

布施とはそんなに自分を犠牲にしなければならないものなのでしょうか?

お釈迦さまはこう仰っています。

 

「布施と言うものは そんなに難しものではない。

あなたが他の人に与える微笑みも 充分な布施となる」

 

皆さん 思い出してみてください。

最近 誰かに優しい微笑みを与えましたか?

「あれ?全然した記憶がないぞ」そう思いませんでしたか?

それはそうです。皆さんが1日で1番見つめ合っているものは誰ですか?

スマートフォンではありませんか?

家・電車・カフェ・会社 みんなの目線は常に下の方 1日振り返って誰となんの話をしたのかも曖昧にしか覚えていない。

私たちの周りには 布施 が全くない状態なのです。

こんな簡単にできる布施さえ 今の私達は出来なくなっているのです。世界はどんどん豊かになり 生きやすく・住みやすくなっているはずなのに世間の空気は冷たく感じる事ばかりです。

皆 自分の事ばかりに夢中になれば幸せになれると思い込んでいるのです。他の人の為に自分の時間・お金を使う事は自分の人生において無意味な事だと自分の世界の閉じこもっているのです。

この思考により 世の中に誹謗中傷が蔓延ってしまうようになってしまいました。

何故なら皆 自分の事しか見ていないから 自分の幸せしか求めていないから。

そんな考えの人たちが人の幸せを願うことが出来るはずはありません。

皆が皆 人の足を引っ張りあい 自分だけ先に行こうともがいているのが今の世なのです。自分より幸せそうな人を見るので嫌で仕方がないのです。

福祉の手

こんな世のままでいいのでしょうか?

こんな生きづらい毎日を過ごしていて なんの意味があるのでしょうか?

一度 スマホを見るのをやめて周りの人を見回してみてください。

みんな寂しそうな顔をしていませんか?不機嫌そうな顔をしていませんか?

みんな寂しいのです。苦しいのです。

自分の幸せだけを求めたところで その先にあるには死ぬまで続く人との比較と 尽きることのない欲望だけ。

もうこんな生き方をするべきではないのです。私たちはもっと幸せに生きる事を考えるべきです。

皆さん 布施の心を持って日々生きてみませんか?

あなたの周りにいる人たちは 自分の敵ではありません。敵対する必要はありません。

勇気を出して 笑顔を沢山の人に与えてみてください。あなたが与えた笑顔で 気持ちが軽くなる人が沢山いるのです。

世の中を布施の力で溢れさせるのです。

これしか今の誹謗中傷の溢れた世を変える方法はありません。

皆さんの勇気ある行動を期待しています。

あなたの笑顔が世界を確実に良い方向に変える。

私も布施の心を常に持って生きていきます。共に世界を変えていきましょう。

合掌

関連コンテンツ



役立つ仏教知識
シェアする
いちをフォローする
スポンサーサイト様
心の悩みに効く 心が軽くなる 住職の言葉 仏教ブログ