騒がしく生きる事が充実した生き方ではない

騒ぐひと 役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

天井にぶら下がる 傘

Ichiです。

充実した人生と聞いて 皆さんはどんな人生をイメージしますか?

テレビに出てくる実業家さんのような 分単位でスケジュールがびっしり入っている人生。

SNSのインフルエンサーさんのような 毎日誰かと遊び・騒いでいる人生。

今の世は 忙しい🟰人生が充実している 騒がしく生きている🟰幸せな人生 こう考える方が多いように思います。

しかし 本当にそうなのでしょうか?

本当にそうであるなら なぜ今の世はこんなにも心の寂しい方が多いのでしょうか?

皆 SNSを使い「自分はこんなに忙しい・騒がしい人生を送っているんだ!」とアピール合戦を繰り広げています。

自分の心・体を酷使して生きる生き方が 本当に充実した幸せな人生につながるのでしょうか?

 

「心を静かに 言葉遣いを静かに 自分の行いを静かに

 騒がしさのない・忙しさにない 場所にいる楽しさを知れ」

 

お釈迦様の言葉です。

アメリカの有名企業が研修の一つに座禅を取り入れている理由が この思想を反映させているからです。

見渡せば刺激ばかりの今の世で 自分の心を守るためには自分を静かな環境に置くことが非常に大切な行為。

しかし私たちはテレビ・漫画・SNSの情報によって強い刺激・騒がしい場所にいた方が 人生が充実したものになると思い込んでいるのです。

騒がしい場所にいる・自分を忙しくする 確かに見た目は充実した人生・幸せそうな人生に見えることでしょう。

しかし 心の中はどうでしょうか?

忙しく・騒がしい状態に自分を置き続けると 心が疲弊して正常な判断が出来なくなります。

常に強い刺激を求め続け 欲と煩悩にまみれた生活にどっぷりとはまっていき。

自分の心・体と向き合うことを忘れて生き続けてしまいます。

その結果心の余裕はなくなり 他の人の行動が気になって仕方がなくなります。

他の人を自分の競争相手だと思いようになり なんとかして他の人よりも上に立ちたい・あの人を蹴落としたいと思うようになる。

これのどこが充実した人生・幸福な人生でしょうか?

シャンパングラス

私たちは一度 深呼吸をして立ち止まらなければなりません。

この刺激まみれ・欲望まみれの世界で 自分らしく・心穏やかに生きていくために。

今リモートワークの普及により 都会から地方に移住する方が増えていると聞きます。

皆 都会の騒がしさに疲れ・他の人と比較する生き方に疲れ果てているのです。

皮肉にもコロナウイルスがもたらした自粛・隔離生活が 騒がず・静かに生きる大切さ 快適さを現代の私達に気づかせるきっかけとなりました。

皆さん静かに生きることをもっと意識しましょう。

静と動 動いたらその分しっかり休みましょう。

周りの騒がしさに惑わされ 思考停止にならないよう気をつけましょう。

心が激しく揺れる環境に人生の幸せは存在しません。

自分の心が静かでいれる環境こそが 本当の意味での幸せな・楽しい場所なのです。

しかし悲しいかな人の脳は 常に騒がしい刺激を求めています。激しい感情の起伏を求めています。

自分の心を静かにするためには 自分の強い意志が必要です。

自分の行動・発言・思考を監視し続けましょう。

騒がしい場所・情報・人からはしっかり距離を置きましょう。

本当の幸せを手に入れるために 静かな環境・人間関係を作っていきましょう。

合掌

関連コンテンツ



役立つ仏教知識
シェアする
いちをフォローする
スポンサーサイト様
心の悩みに効く 心が軽くなる 住職の言葉 仏教ブログ