スポンサーリンク

本当の真実って何だ?

真実の口役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

夕日

Ichiです。

皆さん 真実って何だと思いますか?

今 自分自身が見ている世界が真実だと思いますか?

自分の尊敬する人が話していることが真実ですか?

テレビ・インターネットから流れてくる情報が真実ですか?

どれも真実なようで何か違うようなフワフワした感じがします。

私たちの生きるこの世界の真実とはどんなものなのでしょうか?

 

「不真実を真実と捉え 真実を不真実ととる者は

  真実に達せず誤った思いにとどまってしまうだろう」

 

お釈迦さまの言葉です。

この世界に存在するものは全て 原因と様々な条件が複雑に絡み合って成り立つ仮の姿です。

この仮の姿である世を全て真実として捉え・信じ込んでしまうと 私たちは欲・煩悩に悩まされて自分の生き方がわからなくなり苦しみます。

私たちはこの世に絶対に無くならないもの・存在を望んでいます。

自分自身・自分の家族・地位・お金・所有するもの

これらをどうにか永遠に持っておけないものかと日々苦しみ続けているです。

だから日々 周りの人と比べ・争い続けます。

自分の持っているもの・地位は永遠に自分のものと思っているから

人に奪われたくない・人に傷つけられたくない

そう思って日々満たされない心のまま苦しみ生きているのです。

これは非常に辛いです。まさに不真実を真実と思い込もうとしているのですから。

人生は諸行無常 絶対にあると思っているものは 本当はないに等しい・はかない存在なのです。

私たちはそれをありのまま受け入れなければいけません 諸行無常こそがこの世の中の真実だということを。

虫眼鏡

人と比べること・人と争うこと・人目を気にする など本当に無意味なことです。

よく考えてみてください。

後百年も経ったらあなたが自分と比べていた相手・取りあっていたものはこの世に何一つ存在していません。

そして あなた自身のことを覚えてくれている人もおそらくいないでしょう。

そんなものなのです。目を逸らしたくなる・聞きたくない かもしれませんが

これがこの世の真実です。

この真実をネガティヴに捉えてはいけません じゃあ何をしても意味が無いと自暴自棄に生きてはいけません。

むしろポジティブに捉えましょう

私たちはもっと心を楽にして生きていていいのです。

人の目など気にすることはありません。

人のもの・地位を羨んだり 奪おうとしなくていいのです。

自分のコンプレックスも気にしなくていいのです。

私たちはいずれはいなくなってしまうのです。

もっともっと自由に自分の心のままに生きていいのです。

これもまたこの世の真実なのです。

どうかこの世の不真実に囚われないで 真実を信じて自由に生きてくださいね。

合掌