スポンサーリンク

自分の失敗 あなたはすぐに認めることができますか?

チラ見する女性役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

悩む女性

Ichiです。

私たちは他の人の失敗・欠点に敏感に反応し あーじゃいない・こーじゃないと指摘します。

メディアは視聴率・アクセス数を稼ぐために政治家の悪事・芸能人の不倫・有名人の失言などを大々的に取り扱い私たちを煽ります。

ネットの掲示板にも数多くの 人が犯してしまった失敗・悪事などのニュースが溢れ わたしたちは ここぞとばかりに自分の正義感のまま指摘コメントを書き殴り 優越感を得ています。

生きづらい世の中ですよね。

私たちは誰かの失敗を責めている時間など無いはずなのに。

人の失敗ばかりを探して日々生きています。

では自分自身はどうでしょうか?

私たちは自分の失敗をしっかり向き合えているのでしょうか?

 

「他人の過失は見えやすいが

 自分の過失は見えにくい」

 

お釈迦さまの言葉です。

この言葉を聞いて ドキッ っとした方いらっしゃるのでは無いでしょうか?

私たちは自分の失敗や欠点には なかなか気付く事ができなかったり・認める事が出来なかったりします。

何故でしょう?

他の人に対してはズバズバと意見・助言を言えるのに

自分のことになると急に

何も言えなくなる

自分の失敗を隠したがる

それを他の人に指摘されたりしたらすぐに怒り出し なかったことにしようとする

何故でしょう?

答えは簡単ですね。

人の心は弱いからです。

自分の失敗を認める事が怖いのです。自分の欠点と向き合うのが怖いのです。

だから他の人の人生に口出ししようとするのです。

自分の人生からは満足感が得られないから 他の人の欠点・失敗を見て自分の正義を振りかざし 優越感を得ようとします。

私はこのような人達のことを

攻撃力はあるのに 防御力はゼロの人達

と呼んでいます。

これでは自分を成長させることは出来ません。

悩む猫

私たちは自分の失敗・欠点と向かい合うことから成長が始まるのです。

人生を自分の力で切り開いている人の多くは自分の失敗・欠点を自分の個性を捉え 前向きに向き合っています。

それどころか自分の紹介文の冒頭に自分の欠点・失敗談を書いていたりします。自分のセールスポイントにしてしまっているのです。

何故こんなことができるのでしょうか?

人に弱いことろを見せるのは恥ずかしいこととされているのに。

これは自分の失敗・欠点と とことん向き合ったからではないかと私は思います。

失敗・欠点から目を目を逸らさず・逃げ出さなかった人だけが到達できる領域なのではないでしょうか。

非常に魅了的な生き方ですね このような人の周りには心からその人を慕った人が集まっています。

私たちも自分の失敗・欠点と向き合う覚悟さえあればこのような人たちのようになれますよ。

他の人に意見したところで自分の人生は 一ミリも好転しません。

自分自身と とことん向き合ってみませんか?

合掌