生かされている意識持っていますか?生き物に感謝しましょう!

生まれる生命役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

掌の中の生命

Ichiです。

皆さんは日々の生活を過ごしていて
自分が他の命をいただきながら生かされていると思いながら暮らしていますか?

今の現代社会この意識がかなり希薄になってきたように思います。

自分は自分の力だけで生きていると思い

他の命への感謝の気持ちを忘れてはいないでしょうか?

私たちが生きていく為には他の命をいただかないと成り立ちません。

思いつくのは食事ですよね。

私たちは毎日 魚・牛・豚などの命を有難くいただきます。

食べる野菜にもその過程には多くの害虫などが犠牲になっています。

企業も多くの生き物を犠牲にしていますね。

農業・林業・飲食・食品

私たちの生活には殺生は避けては通ることができないものです。

「生き物を殺生しないで生きていくことなんて不可能だ。殺生していることの罪の意識を持って毎日生きてけばいいのか?」

と思った人がいるかも知れません。

私はここで「殺生はするべきではない」と言いたいわけではありません。

意識を持とう と私は訴えているのです。

私たちの生活は生きている者の犠牲によって成り立っているのです。

それを忘れてはいけません。軽んじてはいけません。

命の大切さ

皆さんはご存知でしょうか?

殺虫剤メーカーの方々が 自分たちが開発した殺虫剤によって大量に駆除された害虫たちの為に寺院・神社で供養祭をとり行っている事を。

私たちは殺虫剤のおかげで日々害虫から身を守ることが出来ています。特に蚊は伝染病を媒介し、多くの人の命を奪っています。

害虫なのだからしょうがないと思う方もいるかも知れませんが 殺虫剤メーカーの経営者の方々は害虫の御霊に手を合わせるのです。

殺虫剤メーカーの方々は私たちに教えてくれます。

どんな小さな害虫の命も尊いのです。
命に軽い・重いはありません。

この事を忘れてはいけません。

人間は万能ではありません。常に謙虚に誠実にこの事実と向き合わなければなりません。

皆さん命を意識して日々生きていますか?

私たちは 一つの命だけで生きているわけではありません。数多くの者の命があなたの中には存在しているのです。

あなたの命はあなただけの命ではないのです。それを意識し・感謝する生き方をしましょう。自分の命を軽んじるのはやめましょう。

あなたの中には多くの命がいるのですから。

日々自分が生かされていることに感謝し 前向きに生きましょう。

それが私たちの為に犠牲になった者たちに対しての最大の供養だと私は思います。

合掌