心のカラクリを知ろう!

心の姿役立つ仏教知識
スポンサーサイト様

おはようございます・こんにちは・こんばんは

心とパンダ

Ichiです。

皆さんは自分の心 強いと思いますか?弱いと思いますか?

「すごく強いです!何が起きてもびくともしません!」

と自信満々に語る方少ないですよね。

自分の心は弱い方ではないかと思っている方が多いように感じます。

私たちの心は繊細で傷つきやすいというイメージがあります しかしなぜそう思うのでしょうか?

それは心のカラクリによって心は弱いものと思い込んでいるからです。

 

「人は強い刺激を求め 自分が不幸になる・苦しむ 妄想をする

これは心のカラクリなのである。

これを理解し 強い刺激を求める欲に負けない生き方がよい」

 

お釈迦様の言葉です。

私たちの心は弱いのではありません より強い刺激を求めているのです。

自分の過去の失敗・過ちに苦しんでいる方いると思います。

過去を悔やんでも もう何も変わることはないのに その時のことを思い出し苦しみ続けています。

これはまさに心が強い刺激を求め 過去の自分の苦しみをもう一度自分に与えているのです。

過去に自分が怒ったことを思い出すのもそうです。

過去に自分が言われた言葉 されて傷ついた行動を思い出し また怒りの感情を生み出そうとする。

これも怒りという強い刺激を自分に与えたいからです。

自分の内面からだけではありません 私たちは自分で意識していなくても日々生活の中で強い刺激を探し続けています。

心に給油

インターネットの否定的なコメント

S・N・Sでの幸せ自慢投稿

ワイドショーの殺人事件・人の不祥事・有名人のスキャンダル

強い刺激を与えてくれるものはどこにでも落ちています。

私たちは日々このような強い刺激に囲まれて生きているのです 自分の心は常に不安定で弱いものだと思ってしまうのも当然です。

私たちは自分の心が弱くて生きているのが辛いのではないのです 自分の心のからくりによってそう思い込んでいるだけなのです。

このカラクリを理解することがとても大切なのです。

自分が今苦しんでいることは自分自身が求めている と分かれば周りの環境・他の人のせいにすることがなくなります。

今まで自分の苦しみを生んでいる場所が分からず もやもやとしていた心を理解できるようになるのです。

あとはしっかりと自分と向き合い 強い刺激を求めることのないよう自分を監視していけば良いのです。

皆さん 自分の心のカラクリを理解しましょう。

苦しみを生み続けているのは外の世界ではありません 自分の心の欲なのです。

心のカラクリが理解できないと ずっと心は穏やかになりませんよ。

自分が苦しんでいるのは 自分の心の欲のせい 覚えていてくださいね。

合掌