スポンサーリンク

日常生活の過ごし方

街並みの女性役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

街並み

Ichiです。

皆さん 日常生活どうお過ごしですか?

歳をとれば取るほど あっという間に過ぎてしまう日常 日々の生活をどう感じて生きているか自分の心に尋ねることを皆さんはしていますか?

どう自分が生きていけばいいのか?

日常生活をどう送れば幸せに近づくのか?

情報過多の現代社会 もう一度確認するべきなのではないでしょうか?

お釈迦様はこう仰っています。

 

「日常の生活は楽しくなければならない

 そこは苦しみを作る場所ではない」

 

皆さんは自分の日常を楽しくする 工夫をして生きていますか?

日常生活が人生の大部分を占めています。

日常生活が楽しくなれば人生は一気に楽しいものになると思います。

それなのに

「日常生活は平凡でつまらない」「苦しいことばかりだ」

とぼやいて何もしないと 人の人生を羨み・嫉妬してしまう苦しみが生まれてしまいます。

これではいけません。私たちは自分の力で生活を楽しいものに変えていく努力をしなければいけません。

「日常生活はほぼ仕事だから 楽しくできるわけがない」

「生きていくだけで 精一杯で楽しくできるわけがない」

こう考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし本当にそうなのでしょうか?

生きることは苦しみを作る場所なのでしょうか?

私はそう思い込んでいるだけではないかと 考えています。

事実 生活を楽しんで生きている方 いらっしゃいますよね?

なぜ自分はできないと決めてつけてしまうのでしょうか?

道路

「あんたに何がわかるんだ。私はこんな人生を苦しんで生きているのに」

こう思われる方がいらっしゃるかもしれません。

気持ちはわかります。生きていると沢山の苦しみが自分に降りかかってきます そう思ってしまうのも無理はありません。

しかし それでも心を汚してはいけません。自分の心を汚し・苦しみを生んでいるのは自分自身なのですから。

自分の人生を決まるのは 自分自身です。

苦しい・苦しいと言っていても救われることはありません 勇気を出して自分を救う道を自分で探す覚悟を持つべきです。

今の人生が楽しくないというのなら 自分で楽しくするしか方法はないのです。

時間が 環境が 周りの人が こういって自分の幸せを遠ざけるのはもったいないと思いませんか?

私たちはもっと自分の生活を楽しんで良いのです そうするべきなのです。

生活は苦しい場所ではないのです。もしそう感じるならその苦しみから自分を守る方法を考えましょう。

一度しかない人生です どうせなら楽しく生きていきませんか?

苦しい・苦しいと思考停止にならないよう気をつけましょう。

「人生は楽しいもの・幸せになるもの」こう考えて自分を苦しみから守って生きていきましょう。

皆さんの日常が楽しさにあふれますように 私は仏様に手を合わせます。

合掌