スポンサーリンク

やりもしないで悩むな!

悩む女性役立つ仏教知識

おはようございます・こんにちは・こんばんは

悩む 女性

Ichiです。

「今年は新しい事始めたいな」

「ずっと気になっている事 そろそろやらなきゃな」

「自分の本当にやりたい事やりたいな」

皆さん一度はこう考えたことがあるのではないでしょうか?

自分の頭にはやらなければならない事・やりたい事が常に存在し それをどうしたらいいかと私たちは常に悩み続けています。

新しい事・やりたい事のメリット・デメリットを頭の天秤にかけ・悩み 新しい一歩が踏み出せない方多いのではないでしょうか?

頭の中で考えるだけでは 自分は何も変わりません。

それどころか自分のやりたい事に向かって行動できない自分に苛立ち 自分の事が嫌いになり・自信を失ってしまいます。

自分に自信が持てない人生ほど辛いものはありません。

この悩み どう解消したらよいのでしょうか?

 

「自分のやるべきことを

 やりもせずただ悩むのは最低の行為である

 まずはやってみなさい」

 

お釈迦様の言葉です。

自分の頭の中で悩み事をぐるぐると悩み続けるということは 自分の心にかなりの負荷をかけてしまう行為です。

別に体を動かしたわけでもないのに 一日中悩み事を考えていたらクタクタに疲れてしまったという経験 皆さんありませんか?

自分のやるべき事の選択を保留していると その事がずっと頭から離れません。

仕事をしている時も・遊んでいる時も・休憩している時も悩みを思い出し 考え続けてしまいます。

悩みを考えることで 仕事に集中できず・心から遊びを楽しめず・しっかり体を休めることが出来ません。

健全な状態とは言えませんよね?

励ます女性

こうならないように 私たちはやるべき事にしっかりと向き合わなければなりません。

行動してその結果がどうなるかと考えたところで それは時間の無駄なのです。

それはそうですよね。まだ行動していないのですから。

とりあえずやってみる 対策はその結果から判断する。これが大切です。

人生は実験の連続とも言えます。

自分のやりたい事を何度も実験し・失敗し そこから学びを得て自分の人生に生かす。

この繰り返しで自分の人生は豊かなものになっていくのです。

そう考えるとお釈迦様が言われた通り やりもせずに悩むということは最低な行為だと理解できますよね。

人生を豊かにするためには まずやってみるしかないのです。

これしか自分の人生を好転させる方法はありません。

皆さん ぜひ自分のやるべき事に取り掛かってください。まずは実験です。

その結果を良いもの・悪いもので捉えないでください。どちらにしても自分が実験して出た結果なので後々の自分の力になりますよ。

良い結果も悪い結果も最後には良い話のネタになったりしますからね。

今日から実験始めましょう!

合掌