役立つ仏教知識

自分の考えを押し付けない生き方をしよう

今の社会 まわりを見渡せば皆 自分の意見を全面に押し出し 自分の正義感で相手を攻撃する・干渉する方が多いです。 私たちは自分の考えを人に押し付けてはいけません。 自分の考えはあくまで自分が生きていくために使っていくものなのです。
役立つ仏教知識

向上心を持ち続ける大切さ

皆さん 向上心 持ち続けていますか? 自分を高める向上心を持っていないと立ち止まった状態になり 世間から取り残され・退化していきます。 こうなってしまうと人は自分の人生に面白みを感じることが出来なくなり 過剰に人に干渉したり・依存してしまいます。向上心を持つことは自分の精神を健全に保つために必要不可欠なものなのです。
役立つ仏教知識

自分の意思を持つことの大切さ

皆さんは日々自分の意思で動いていますか? ただ過ぎていく日常になってしまい 思考停止におちいってしまってはいませんか? 何も考えず 日々を過ごすと時間はあっという間に過ぎていきます。 私たちは自分の生活パターンが決められた状態で どう充実感を得れば良いのでしょうか?
役立つ仏教知識

最低の人間とは?

皆さんは「最低な人間ってどんな人だと思いますか?」と質問された時 どんな方を想像しますか? 人それぞれで思い浮かぶイメージが違うのではないでしょうか? 他の人に最低な人間とは思われたくはないですよね? いったい最低な人間とはどんな方のことを言うのでしょうか?
役立つ仏教知識

過去にとらわれる 虚しさを知ろう

人生を生きていると 誰にでも後悔している・思い出したくもない過去があるものです。 私たちは ふとした瞬間・似た状況になった時に その過去を思い出し苦しみ続けています。 後悔の心・自責の念に囚われ 今取り組むべきことに向き合えなくなってしまいます。 私たちはどう過去と向き合えば良いのでしょうか?
役立つ仏教知識

限界を知る大切さ

人生を好転させるために 自分の努力は不可欠な要素です。 頑張れという前向きな言葉は私たちに勇気を与えてくれます。 しかし 頑張れと言われて辛くなってしまう方もいます。 私たちは今の自分ができる努力の限界を知っておかなければならないのです。
役立つ仏教知識

欲しがらない 幸福を知ろう

今の世の中 見渡せば欲しいものだらけです。 今生きている人は 昔の人よりも不幸なのではないかとよく思います。 それは自分の欲を刺激するような情報が 自分の思いついたままに手に入ってしまうからです。 非常に疲れるし どこまで行っても終わりがありません。 私たちはどう自分の心を守っていけば良いのでしょうか?
役立つ仏教知識

心の在り方・心の持ちよう

私たちの心は常に外の世界から影響を受け その度にいい気持ちになったり・不快になったりします。 私たちは自分の心が安定しないことを 他の人のせい・自分の周りの環境のせいだと思い込んでいます。 しかし 本当に自分を取り巻く世界のせいなのでしょうか?
役立つ仏教知識

人をあてにする塩梅

皆さんは素直に人をあてに出来ますか? 人の手を素直に借りることは 自分を大切に生きること・自分の心を穏やかに保つことに必要なことでもあります。 その塩梅が難しいところですよね。 私たちはどう人の手を借りることが理想なのでしょうか?
役立つ仏教知識

私たちが抱く 使命

現在のネット社会 私たちの人間関係は希薄になり続けています。 皆さん 自分が生かされている・何かの命を自分の中に取り込んで生きている意識を持ち それに感謝して生きていますか?
スポンサーリンク